カテゴリー「日記/2020年」の記事

『シスター・アクト』通信 大千穐楽

2月2日(日)

 ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』がまつもと市民芸術館で2019/20年ツアーの大千穐楽を迎えた。

 東京の東急シアターオーブを皮切りに、富山、静岡、大阪、名古屋、福岡と巡業し、ようやく最終地の松本に辿り着いた。ふた月半の長い旅を乗り切ったキャスト、オーケストラ、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。
 そして各地でご来場くださった大勢の皆さん、本当にありがとうございました。満員御礼となった公演も少なくなかったようであるが、それはこの仕事をしていて何よりも嬉しいことである。

 ラストシーンで、主人公であるデロリスは次のように歌う。

 “愛はきっとかえってくる あなたのもとに 与えるのよ惜しみなく あふれさせよう!”(訳詞/飯島早苗さん)

 今期の『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』も各地の劇場を愛であふれさせた。その愛は、いつかきっとカンパニーの皆さんのもとにもかえってくるはずである。

 世界中が愛であふれますように!

| | コメント (0)

『TDV』通信 大千穐楽

1月20日(月)

 ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』が梅田芸術劇場メインホールで2019/20年ツアーの大千穐楽を迎えた。

 帝劇の初日からふた月半余り。キャスト、オーケストラ、スタッフの皆さん、長丁場の公演お疲れさまでした。そして各地でご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。

 東京の千穐楽の日にウィーン劇場協会の皆さんと会食した時のことである。

 「あなた(山田)は我々(ウィーン劇場協会)の『TDV』を観ましたか」と言う話になり、「もちろん観ました」と答えると「1幕の“赤いブーツのダンス”はありましたか?」と問い返された。
 私は何を聞かれているのかさっぱり分からなかったのだが、よくよく話を聞いてみると、なんと! ウィーンでの初演時には“赤いブーツのダンス”場面は存在しなかったのだという。驚愕の新事実である。

 こんな話も出た。

 「『TDV』はウィーンでも長年に渡って愛され続けている。しかし、だからと言っていつまでも“初演の時のまま”では観客は満足しない。常に“新しいヴァージョン”が求められている。と同時に“以前と同じである”ことも求められるのだ」と。
 今期の日本版『TDV』は、まさに“以前と同じ”ニュー・ヴァージョンであった。

 さて。

 私たちの『TDV』が再び日の目を見ることはあるのだろうか? 今の私にはその答えは分からない。が、あって欲しい、と思う。

 ものすご~く苦労して作り上げたニュー・ヴァージョンなので。

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 『どんまいマインド』 『アニー』 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 『イーストウィックの魔女たち』 『ウェディング・シンガー』 『エキストラ』 『エニシング・ゴーズ』 『オトコ・フタリ』 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 『クールの誕生』 『ザ・ヒットパレード』 『シスター・アクト』 『シラノ』 『ジキル&ハイド』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ドッグファイト』 『ナンシー』 『ニューヨークに行きたい‼』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『パイレート・クイーン』 『ファースト・デート』 『フラガール』 『プライベート・ライヴズ』 『ヘアスプレー』 『ミー&マイガール』 『メモリーズ』 『メリー・ウィドー』 『モンテ・クリスト伯』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『レベッカ』 『ローマの休日』 『ワイルドホーン・メロディーズ』 『三銃士』 『予言』 『台所太平記』 『巌流島』 『王様と私』 『田茂神家の一族』 『竜馬の妻とその夫と愛人』 『貴婦人の訪問』 『青猫物語』 『風と共に去りぬ』 『A Live Ⅱ』 『ALive Final』 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 『I Do! I Do!』 『SFF & DFF』 その他 アーカイブ プロフィール・作品リスト 日記/2006年 日記/2007年 日記/2008年 日記/2009年 日記/2010年 日記/2011年 日記/2012年 日記/2013年 日記/2014年 日記/2015年 日記/2016年 日記/2017年 日記/2018年 日記/2019年 日記/2020年 雑感