カテゴリー「『ヘアスプレー』」の記事

『ヘアスプレー』通信

8月8日(月)

 幕開きのナンバー「グッドモーニング・ボルティモア」の振り付けに着手。ステージング&振付は原田さんである。
 続いて1幕1場のおさらい。更に1幕6場の立ち稽古と2幕2場のプレ稽古。

 1幕6場は再び“コーニー・コリンズ・ショー”の場面である。ここにも3つのミュージカル・ナンバーがあるが、今日は芝居部分の段取りのみを先行して。
 2幕2場はトレイシーの母=エドナ(山口祐一郎さんが演じる)と父=ウィルバー(石川禅さんが演じる)の2人だけしか登場しない場面。物語の流れ通りに行けば稽古するのはもうしばらく先のことになるのだが、このタイミングでざっくりと手を着けておくことに。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその7「ペイトン・プレイス」。
 『ペイトン・プレイス』(または『ペイトン・プレイス物語』)は1956年にアメリカで出版された大ベストセラー小説である。作者はグレース・メタリアスで、1957年には映画にもなっている。
 後にアメリカでテレビドラマ化され、6シーズン続く人気番組となった。このドラマは日本でも何度か放送されたが、それらは全て『ヘアスプレー』より後の時代の話である。

 その“ペイトン・プレイス”が、劇中では「ダンスの名称」として出てくる……のだが、「“真夜中の”ペイトン・プレイス」と、固有名詞の前に“真夜中の”が付いてくるのである。

 ……どういうことだろう?(ご存知の方、教えて!)

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月6日(土)

 1幕4場と5場を立ち稽古。

 4場は「ヘアスプレーで髪の毛を盛大に盛ったために学校で居残りを命じられたトレイシーが、黒人生徒のシーウィード(平間壮一さんが演じる)やその仲間たちと出会う」場面。
 ここには“ミュージカル・ナンバー”ではないが、ラジオから流れる音楽に合わせてシーウィードやトレイシーたちが軽~く踊るシークェンスがある。振付と言うことではないのだが、その“踊る”感じを振付のMEDUSAさんに作ってもらう。

 続く5場はトレイシーたちが通うパターソン・パーク高校で開かれたダンス・パーティの場面。ダンス・パーティなので場面の殆どの時間で生徒たちが踊っている。そのステージングと振り付けを、こちらもMEDUSAさんに。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞その6「ケネディ大統領」「ニュー・フロンティア」。
 ケネディ大統領は1962年当時のアメリカ大統領で、固有名詞シリーズその3で取り上げたジャクリーンの夫である。「ニュー・フロンティア」は、1960年の大統領選挙に立候補したケネディが民主党候補に指名された際の指名受諾演説で提唱した政策。戦争、偏見、貧民、差別などの解消を謳っている。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月5日(金)

 「もう子供じゃない」をおさらい。そののち1幕3場にあるもうひとつのナンバー「ミス・ボルティモア・蟹」を振り付け。

 ボルティモアはアメリカの東海岸、メリーランド州の大変に歴史のある街である。港街だけにシーフードが名物で、中でも蟹(カニ)料理が有名であるらしい。
 日本でもご当地の名産品を冠したコンテスト「ミス・〇〇」などを目にすることがあるが、『ヘアスプレー』に登場するのは「ミス・ボルティモア・蟹」である。振付はこれも原田さんで、昨日の固有名詞「シャーリー・テンプル」はこのナンバーの歌詞に出てくる。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月4日(木)

 「鐘の音が聞こえる」の振り付け、昨日の続き。
 その後「最高にいかしたやつら」のおさらい。

 稽古後は振り付け打ち合わせ。今日はs**tkingzのNOPPOさんと。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその5「シャーリー・テンプル」。
 シャーリー・テンプルは映画史に名を遺すアメリカの名子役である。が、子役としての全盛期は1930年代なので、1962年に舞台設定されている『ヘアスプレー』にその名が登場するのは少し違和感がある。

 実はこれはヴェルマが“自分の若い頃と現代(1962年)の女の子を比較する” 中で出てくる固有名詞なのである。逆に言えば、ヴェルマが青春時代を過ごしたのが1930年代だったことがここから分かる。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

8月3日(水)

 稽古用のセット(大道具)が建て込まれた。嬉しい! 稽古の冒頭で舞台監督の北條孝さんからセットのご説明。

 早速そのセットを使って1幕3場のナンバー「鐘の音が聞こえる」を振り付け。振付はここも原田さんである。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその4「バービー」「ケン」。
 アメリカのおもちゃメーカー、マテル社が発売している着せ替え人形の名前がバービーである。日本でも長年にわたって親しまれているのでご存知の方も多いだろう。ケンはバービーのボーイフレンドで、どちらもミュージカル・ナンバー「もう子供じゃない」の歌詞に出てくる。

 バービーの公式サイトはこちら

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

7月31日(日)

 立ち稽古。1幕2場のナンバー「もう子供じゃない」を振り付け。
 このナンバーの担当も原田さんである。『ヘアスプレー』で振付助手を務めてくださるのは宮城友里香さんと船崎晴花さんのお2人。よろしくね。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその3「ジャクリーン・ケネディ」。
 これも多くの方がご存知だと思われるが、第35代アメリカ大統領ジョン・F・ケネディの夫人=当時のファースト・レディである。大統領との死別後、ギリシャの海運王アリストテレス・オナシスと再婚し、そのことでも話題に。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

7月30日(土)

 立ち稽古。1幕1場のミュージカル・ナンバー「最高にいかしたやつら」を振り付け。

 『ヘアスプレー』の振付は原田薫さん、NOPPOさん、MEDUSAさんの3人。今日のナンバーは原田さんのご担当である。
 「最高にいかしたやつら」は“コーニー・コリンズ・ショー″のテーマ曲で、番組の冒頭でコーニー(上口耕平さんが演じる)と番組レギュラーの男子&女子によって歌われ、踊られる。60年代ぽいロックンロール・テイストの楽曲で、原田さんの振付も60年代テイスト。

 固有名詞ではないが、ヴェルマがコーニーに向かって「デトロイトの音楽なんてかけないでよ」と釘を刺すくだりがある。
 アメリカのミシガン州デトロイトで1950年代の終わり頃に生まれて世界中に広まったのはソウル・ミュージックやR&Bであるが、ヴェルマはデトロイト発祥のモータウン・レコードが広めた音楽(モータウン・サウンドと呼ばれる)のことがお気に召さないらしい。

 で、『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその2「コニー・フランシス」。

 コニー・フランシスは50年代後半から60年代にかけて大活躍した女性歌手である。アメリカ、ニュージャージー州生まれのイタリア系で、“女性初のロックンロール歌手”と称された。ヴェルマはデトロイトの音楽を評価するコーニーに向かって彼女の名前を持ち出すことになる。

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

7月29日(金)

 立ち稽古に入る。1幕1場の芝居部分より手を着ける。

 『ヘアスプレー』では“ティーンエイジャー向けの生放送の音楽番組「コーニー・コリンズ・ショー」が毎週月曜日から金曜日の夕方に放送されている”設定である。主人公のトレイシーとその親友のペニー(清水くるみさんが演じる)も学校から走って帰宅してテレビに噛りつく……。

 『ヘアスプレー』に登場する固有名詞シリーズその1「プレスリー」。

 これはご存知の方も少なくないと思うのだが、1950年代から60年代にかけて一世を風靡したアメリカのロック・ミュージシャン、エルヴィス・プレスリーのことである。
 「コーニー・コリンズ・ショー」のプロデューサーであるヴェルマ(瀬奈じゅんさんが演じる)が、番組の若き人気スター、リンク(三浦宏規さんが演じる)に向かって「(あなたは)まだプレスリーじゃないのよ」と辛辣に告げている。

 現在映画館で上映中の『エルヴィス』(バズ・ラーマン監督)ではエルヴィス・プレスリー伝説の裏側が描かれている(らしい)

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

7月27日(水)

 昨日とは打って変わって少人数での稽古。稽古後は演出部の高梨さん・松尾さんと小道具の打ち合わせ。

 『ヘアスプレー』が舞台としているのは1962年のアメリカ、メリーランド州ボルティモア。主人公のトレイシーは“踊ることが好きで好きでたまらない”高校生である。

 翻訳劇や翻訳ミュージカルではよくあることなのだが、台詞や歌詞にときどき“固有名詞”が登場する。
 1977年のフィラデルフィアを舞台にしたミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』にもその傾向はあったし、1985年のニュージャージーを舞台にしたミュージカル『ウェディング・シンガー』は「これでもか」と言うくらい固有名詞の連続であった。

 『ヘアスプレー』にも固有名詞が結構登場する。大抵の場合はその固有名詞を知らなくてもストーリーを追うのに影響はないので安心していただいていいのだが、知っていれば『ヘアスプレー』を更に楽しめることもまた事実であろう。

 なので、このブログでも劇中に登場する固有名詞を折に触れてご紹介していこうと思う。「大きなお世話」だと思われる方はどうぞ読み飛ばしてください。(でも今日はやらない)

| | コメント (0)

『ヘアスプレー』通信

7月26日(火)

 歌入り読み合わせ。

 一昨日の“みんなで全曲歌ってみた”もかなり濃密だったのだが、今日はそれを遥かに凌ぐ充実ぶりであった。翻訳の浦辺千鶴さんと訳詞の高橋亜子さんも顔を見せてくださり、止まっていた時計が動き出したかのようである。

 実は今朝、アラームを掛けた時刻より1時間半も前に目が覚めてしまった。歌入り読み合わせのことが気がかりだったのか、まるで遠足の朝の子供である。だが終わってみればかなりの手応えである。今夜からは枕を高くして寝られるだろう。

 稽古後は振り付け打ち合わせ。3人いらっしゃる振付家のおひとり、MEDUSAさんと。

 

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

『My Story -素敵な仲間たち-』 『My Story,My Song』 『その場しのぎの男たち』 『どんまいマインド』 『アニー』 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 『イーストウィックの魔女たち』 『ウェディング・シンガー』 『エキストラ』 『エニシング・ゴーズ』 『オトコ・フタリ』 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 『クールの誕生』 『ザ・ヒットパレード』 『シスター・アクト』 『シラノ』 『ジキル&ハイド』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ドッグファイト』 『ナンシー』 『ニューヨークに行きたい‼』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『パイレート・クイーン』 『ファースト・デート』 『フラガール』 『プライベート・ライヴズ』 『ヘアスプレー』 『ミー&マイガール』 『メモリーズ』 『メリー・ウィドー』 『モンテ・クリスト伯』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『レベッカ』 『ローマの休日』 『ワイルドホーン・メロディーズ』 『三銃士』 『中川晃教CONCERT』 『予言』 『台所太平記』 『奇人たちの晩餐会』 『巌流島』 『王様と私』 『田茂神家の一族』 『竜馬の妻とその夫と愛人』 『貴婦人の訪問』 『青猫物語』 『風と共に去りぬ』 『A Live Ⅱ』 『ALive Final』 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 『I Do! I Do!』 『SFF & DFF』 その他 アーカイブ プロフィール・作品リスト 日記/2006年 日記/2007年 日記/2008年 日記/2009年 日記/2010年 日記/2011年 日記/2012年 日記/2013年 日記/2014年 日記/2015年 日記/2016年 日記/2017年 日記/2018年 日記/2019年 日記/2020年 日記/2021年 日記/2022年 雑感