カテゴリー「『アニー』」の記事

『アニー』よりお知らせ

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』より“アニー役変更”のお知らせです。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

2020年のアニー!

10月20日(日)

 『アニー』のオーディションは、昨年まで長い間、日本テレビ放送網麹町分室の中にあるリハーサル室を会場として行われてきた。その建物は日本テレビが汐留に移転するまでは本社であった建物である。しかし周辺の再開発に伴い閉鎖され、現在は解体作業中である。
 旧本社の解体と前後するように、その建物の裏側に日本テレビ番町スタジオが新たに建てられた。今年から『アニー』のオーディションはこの番町スタジオ内のリハーサル室で行われる。

 アニーと孤児たちを選ぶオーディションは、今年も大変難しい判断を求められる困難な仕事であった。
 今日会場に来ているのは、1次審査、2次審査、そして昨日の審査を経た子供たちである。全員が“誰が選ばれてもおかしくない”力を持っている。その中から誰かを選ぶことなど、どうすれば可能だというのだろう……?

 そうも言っていられないので、審査する者全員で様々な可能性を繰り返し検討し、ようやくのことでアニーと孤児たちを選び出した。その選ばれた子供たちがこちらである。

 2020年の『アニー』は4月25日(土)から5月11日(月)まで、東京・初台の新国立劇場中劇場での上演が予定されている。その前に、恒例のクリスマスコンサート(それはこちらから)!

| | コメント (0)

『アニー』2020 オーディション

10月19日(土)

 ブロードウェイ・ミュージカル『アニー』については多くを語る必要はないだろう。
 『アニー』は、この国で上演されているミュージカルの中でもっとも題名を知られている作品の1本だと思われる。が、もし『アニー』について色々とお知りになりたい方がいらしたら、このページ右側の“カテゴリー”欄にある『アニー』をクリックしていただければ、過去にこのブログに記した『アニー』に関する記事をひと通りご覧いただくことができる。ちなみに作品解説的な記事の類は初年度の(年度の入っていない)『アニー』通信が充実している。

 その『アニー』の2020年の“アニー役”と“孤児役”のオーディションが先週末と今週末で行われている。
 『アニー』に登場する子供たちのオーディションは、1次審査としてまず書類審査が行われる。書類審査である程度人数が絞られると次は2次審査。参加者には2次審査からオーディション会場に足を運んでいただくことになる。

 先週末に行われたのが2次審査なのであるが、予定では10月12日(土)と13日(日)の2日間で行われることになっていた。
 が、ご承知の通り12日は台風19号が列島を通過した日である。12日のオーディションはキャンセルとなり、13日(日)と14日(月)に予定をずらして(開始時刻も大幅に変更された)何とか2次審査を終えた。
 天候や交通事情の悪い中、ご参加くださった皆さんには心から御礼申し上げたい。そしてご参加いただけなかった皆さんには、何と申し上げればよいのか……言葉もない。

 さて最終審査であるが、今日と明日の2日間で行われる。審査が順調に進めば、明日の17時には新しいアニーが決まっているはずである。

 今年も素敵なアニーと出会えますように。

| | コメント (0)

2020年のアニーと孤児を募集中!

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』の、2020年の「アニー役」と「孤児役」のオーディション開催が告知された。

 詳細はこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/大千穐楽!

9月1日(日)

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』が愛知県芸術劇場大ホールで大千穐楽を迎えた。

 まずは劇場に足を運んでくださった皆さん、ご声援くださった皆さんに謝意を表したい。それからキャスト、オーケストラ、スタッフをはじめとする公演関係者の皆さんにも。本当にお疲れさまでした。

 今日のキャストは、1回目が山﨑アニー&石井モリー、2019年のラストとなる2回目は岡アニー&三浦モリーであった。
 2回目の公演のカーテン・コールは大千穐楽につき特別バージョン。1回目の公演で出番を終えていた山﨑アニー&石井モリ―&メープル・サンディも登場した。

 ウォーバックス役の藤本隆宏さんがキャストを代表してご挨拶。更に藤本さんの指名で、孤児を代表してダフィ役の山口紗來さんがコメント。コメント終盤で感極まり、周りのキャストの何人かにもそれが波及する事態に。
 続いて青柳塁斗さん、山本紗也加さん、蒼乃夕妃さん、早見優さんもコメント。ひとりひとりに盛大な拍手と声援が送られ、大千穐楽らしい雰囲気の中で2019年の『アニー』は全ての公演を終了した。

 さて。

 『アニー』公式ページでは早くも2020年に向けてのオーディションが予告されている(こちらからどうぞ)。

 素敵なアニーに出会えますように!

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/広島!

8月24日(土)

 広島の初日…にして千穐楽。

 1回目も2回目も沢山のお客様にご来場いただいた。そして、どちらの公演も客席は大いに沸いた。この会場が“舞台と客席の一体感”を得やすい特性を持っているからのようにも思われるが、それ以上に広島の皆さんが情熱的でいらっしゃるからなのかも知れない。

 今年の夏のツアーは、前半戦の大阪は6日間で一気に12ステージ、後半戦の松本、仙台、広島は週末ごとに2~3ステージずつ、と言う形になっている。前半戦が1週間で「あっ」と言う間に終わってしまうのに対して、後半戦は現在3週目だが、まだ終わらない。
 ご覧いただく皆さんにはほとんど関係のない話ではあるが、前半戦と後半戦とでは現場の雰囲気はやはり違うように思う。その後半戦もさすがにゴールが見えてきた。

 今年の『アニー』も残すところは名古屋のみである。最終地・名古屋での公演は8月30日(金)~9月1日(日)の3日間、6ステージ。

 まだお席はございます。

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/広島!

8月23日(金)

 広島に来ている。

 広島ではJMSアステールプラザ大ホールが『アニー』の会場である。アステールプラザは、文化創造センター、国際青年館、中区民文化センター、中区図書館がひとつの建物に同居する複合施設で、大ホールは文化創造センターの中にあり、客席数は1204席(オーケストラ・ピット使用時は1091席)となっている。
 大ホールは手ごろなサイズ感である上に1階席でも傾斜がしっかりとあるので、なかなか見やすい劇場だと思う。舞台も奥行き、高さ、共に十分なので舞台美術の見栄えも悪くない。

 広島での公演は明日1日のみである。11時の回が山﨑アニー&石井モリ―で、15時の回が岡アニー&三浦モリ―の登板となる。以前も記したが、ありがたいことにチケットは完売だそうである。

 チケットを入手できなかった皆さん、ごめんなさい。

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/仙台!


8月17日(土)

 仙台の初日である。

 午前中はまだ涼しく感じられた仙台だが、1回目の公演が終わる頃にはかなりの暑さになっていた。日本気象協会によれば今日の仙台の最高気温は34度。暑くないわけがない。

 こういう日は会場内の空調の温度設定が難しい。客席で「ちょうどいい温度」だと感じる設定でも、舞台上では「暑く」感じる場合があるのである。
 キャストは常に大光量の照明に曝されていて、しかも『アニー』の場合、物語の中の季節がクリスマスなので衣裳は冬服である。それに加えて、歌い、踊り、演じ、着替える。そりゃ暑くも感じるだろう。

 話は変わるが、キャストが装着しているワイヤレスマイクは精密機械である。特にマイクのヘッド(先端部分)はデリケートで、わずかな水分でもダメージを受ける。ワイヤレスマイクに“汗”は厳禁なのである。
 劇場で「空調が効きすぎている」と感じる時、ワイヤレスマイクを守るための苦肉の策として(キャストに汗をかかせないように)そうしている場合がある。客席と舞台上で別々に温度設定ができる会場では何の問題もないのだが、それが難しい会場も中にはあるのである。

 ミュージカルではワイヤレスマイクは生命線である。ただ単に客席空調の設定温度を下げ過ぎなこともあるけど。

 さて。

 仙台公演は明日で千穐楽。明日は11時開演の1回公演である。
 仙台が終わると次は広島。8月24日(土)の11時と15時であるが……。

 チケットは完売だそうです。

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/仙台!

8月16日(金)

 仙台に来ている。

 仙台の会場は東京エレクトロンホール宮城。一昨年の夏も『アニー』で(その前年には『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』で)お邪魔した。舞台と客席との一体感が素晴らしい会場である。

 今日の仙台は雨で、時折強く降ったりもしたらしい。らしい、と言うのは、私は劇場の中にいたので実際の雨の様子を見ていないのである。が、稽古を終えて楽屋口を出る頃には雨もすっかり上がっていた。南国か、と思うようなムシムシした空気ではあったが。

 仙台公演は明日と明後日の2日間である。明日は11時と15時30分の2回公演で、明後日は11時の公演のみとなる。明日の11時と明後日が岡アニー&三浦モリ―で、明日の15時30分が山﨑アニー&石井モリ―の登場回である。

 当日券は、各公演の開演1時間前より会場入り口にて販売、だそうである。急に時間ができた方は東京エレクトロンホール宮城へどうぞ。

| | コメント (0)

『アニー』2019通信/松本!

8月10日(土)

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』。夏のツアー後半戦が始まった。

 昨日も触れたが、松本公演のチケットはソールドアウトである。1回目の公演にも2回目にも沢山のお客様がご来場くださった。
 大人キャストの皆さんは、大阪のハードスケジュールを無事に乗り越えたからであろうか、身も心も軽やかであるように感じられる。そして今日から登板するチーム・バケツの子供キャスト。お客様の前で演じる日を待ちに待っていたのであろう、正に水を得た魚のように生き生きと舞台を飛び跳ねていた。

 『アニー』の客席は、どこの会場でも親子連れのお客様が大半を占めている。開演前や休憩中、或いは終演後の客席やロビーでは、至る所で親子の賑やかな会話が聞こえてくる。
 子供同士がお友達で、複数のご家族が連れ立っていらっしゃっている様子も目に付く。『アニー』がきっかけとなって人と人の間に会話が生まれるのだとしたら、劇場が人と人とを結び合わせているのだとしたら、こんなに幸せなことは無い。

 さて。

 楽しかった松本滞在もあっという間に終わり、次は仙台である。
 仙台公演は8月17日(土)と18日(日)の2日間。会場は、一昨年もお邪魔した東京エレクトロンホール宮城である。

 仙台にご来場予定の皆さん、もうすぐです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 『どんまいマインド』 『アニー』 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 『イーストウィックの魔女たち』 『ウェディング・シンガー』 『エキストラ』 『エニシング・ゴーズ』 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 『クールの誕生』 『ザ・ヒットパレード』 『シスター・アクト』 『シラノ』 『ジキル&ハイド』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ドッグファイト』 『ナンシー』 『ニューヨークに行きたい‼』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『パイレート・クイーン』 『ファースト・デート』 『フラガール』 『プライベート・ライヴズ』 『ヘアスプレー』 『ミー&マイガール』 『メモリーズ』 『メリー・ウィドー』 『モンテ・クリスト伯』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『レベッカ』 『ワイルドホーン・メロディーズ』 『三銃士』 『予言』 『台所太平記』 『王様と私』 『田茂神家の一族』 『竜馬の妻とその夫と愛人』 『貴婦人の訪問』 『青猫物語』 『風と共に去りぬ』 『A Live Ⅱ』 『ALive Final』 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 『I Do! I Do!』 『SFF & DFF』 その他 アーカイブ プロフィール・作品リスト 日記/2006年 日記/2007年 日記/2008年 日記/2009年 日記/2010年 日記/2011年 日記/2012年 日記/2013年 日記/2014年 日記/2015年 日記/2016年 日記/2017年 日記/2018年 日記/2019年 雑感