カテゴリー「『アニー』」の記事

『アニー』2021通信

4月17日(土)

 カラオケ付き通し稽古3回目。

 今年の“『アニー』スペシャル・ヴァージョン”は、始まってしまえば90分ほどで終わるので、稽古時間が貴重な今期は何かとありがたい。通し稽古を行ってもその前後に抜き稽古を組む余地があるので、このタイミングでもまだブラッシュ・アップが可能である。

 ところで「シューイチ×ミュージカル アニー イチから分かるアニースペシャル!」はご覧いただけたであろうか? 見逃してしまったあなた。4月19日(月)の深夜1時59分から再放送があります。

 今度こそ、お見逃しなく! 

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月16日(金)

 “『アニー』特番”ことシューイチ×ミュージカル アニー イチから分かるアニースペシャル!の放送が明日に迫った。関東ローカルではあるが14時~14時55分、日本テレビにて、である。どうぞお見逃しなく!
 ……と言っても私も番組を見たわけではない。なので、どんな内容になっているのか分からないでお薦めしている。そもそも、その時刻は稽古中なのでオンエアを見られない。録画して、帰宅してから見ることにします。

 お知らせをもうひとつ。

 『アニー』のことをもう5年以上にわたって追いかけてくださっているインターネットの情報メディア「SPICE/スパイス」さんが新たな記事をUPしてくださった。
 前編と後編に分かれた力の入った記事で、前編が私の、後編が今年のアニー役/荒井美虹さんと徳山しずくさんのインタビューてある。(前編はこちらから、後編はこちらからどうぞ)

 稽古は、まず芝居部分の抜き稽古。昨日の通し稽古で“もったいない”と感じた個所を微調整。そののち、昨日とチームを変えて2回目の“カラオケ付き通し稽古”。

 残すところ稽古場もあと2日である。

| | コメント (0)

演出実習Ⅰ そして『アニー』2021通信

4月15日(木)

 午前中は日大芸術学部へ。新年度の授業が始まった。

 私は今年度から新たに「演出実習Ⅰ」という授業を受け持つ。日大芸術学部演劇学科では昨年度“コース”の統廃合があった。それによって新たに誕生した“舞台構想コース”。その2年生のための授業である。“演出”という実態のよくわからない仕事の実態を何とかして伝えよう……と私が悪戦苦闘するのがその内容である。

 未来の演出家がここから巣立ってくれたらいいなぁ。

 午後は『アニー』の稽古場へ。通し稽古である。

 本来であれば“オケ付き通し稽古”のタイミングであるが、今回はもちろんカラオケである。
 稽古場に生のオーケストラが“いる”のと“いない”のとでは、臨場感にそれはもう天と地ほどの違いがある。それは当たり前である。

 が、丁寧に演奏された録音は、ひとたびドラマに引き込まれてしまえば録音であることを忘れるような自然さである。芝居もいい感じに仕上がってきた。

 劇場入りが楽しみになってきた。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月14日(水)

 カラオケ合わせの2日目。昨日とは別のチームで。

 ところで、公式ページに“『アニー』公演開催に関する重要なお知らせ”が掲載されている。
 とても大切なお知らせとお願いが記されているので――ちょっと長いのですが――どうぞご一読ください(こちらからどうぞ)。

 そして公式ページでもう1つ、今週末に迫った『アニー』特番についてのニュースも掲載されている。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月13日(火)

 オケ合わせ……ならぬカラオケ合わせ。

 先日録音したオーケストラの演奏がトラックダウンを終えて届けられた。なので通常のミュージカルで行われる“オケ合わせ”(オーケストラとキャストとの合わせ)のように「音楽が鳴っている部分」だけを抜き出して合わせる。

 通常のオケ合わせは「キャストの皆さんと指揮者、そしてオーケストラの皆さんとで息を合わせるように」して進めて行くのだが、カラオケ合わせでは当然のことながら「お互いに」という要素は無く、キャストの皆さんがカラオケに合わせて行く作業となる。と言っても、演奏は「芝居の流れにフィットする」ように十分に配慮して録音されているのであるが。

 しかし、たとえ録音になっても“オーケストラの演奏”はやはり良いものである。稽古場の空気も一段と華やいだ。

 オーケストラ・メンバーひとりひとりの愛情が籠もった演奏をどうぞ聞きにいらしてください。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月11日(日)

 昨日と別のチームでおさらい。

 昨日と今日のおさらいで、今年だけの“スペシャル1幕ヴァージョン”もようやく形になってきた。今までのヴァージョンをよくご存じの方には“今までとの違い”も楽しんでいただけるのではないかと思う。もちろん、今年初めてご覧になる方にも十分に楽しんでいただける『アニー』である。

 話は変わるが、ダンスキッズのキャスト・ローテーションが発表になっている。

 ダンスキッズは本来なら“チーム・バケツ”と“チーム・モップ”のダブル・キャストで交互出演することになっていた。しかし、新型コロナの感染リスクを下げるために稽古場と舞台上・舞台裏の人数を制限することが決まり、キッズも「1公演に2人」が登場することに変更された。そのローテーション表である。

 色々な部分が“本来ではない”形となっている今年の『アニー』。残念な気持ちが全くない……と言えば嘘になる。が、それでも今年『アニー』を開催できることの喜びが残念な気持ちを遥かに上回る。

 今年だけの『アニー』のために全力で取り組んでいる子供たちにどうぞ温かいご声援を(大人たちにも)

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月10日(土)

 毎年恒例の『アニー』特番の放送が1週間後に迫った。関東圏では4月17日の14時~14時55分の予定で、番組タイトルは「シューイチ×ミュージカル アニー イチから分かるアニー スペシャル」である。

 かつての特番は“過酷なオーディション”に密着し、アニー役と孤児役の子供たちが選ばれるまでをドキュメンタリー・タッチで追いかける……と言った内容であったように思う。近年はドキュメンタリー色が薄まり、ご家族でご覧いただける情報番組寄りの作りであることが多い。今年の特番はどうであろうか?

 さて。

 稽古は全場面をおさらい。先日の粗通しで見つかった課題を1場面ずつ整理し、稽古場最終週の(粗くない)通し稽古に備える。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月9日(金)

 サウンドインスタジオへ。オーケストラの録音。

 このスタジオはいつ以来だろう?(佐橋さんによれば舞台フラガールの録音がここだったそうである。あれは深夜までかかる中々大変な録音だった) 近年はミュージカルの仕事が圧倒的に多いので“スタジオでの音楽録音”自体がかなり久しぶりである。

 今日は2人の音楽監督が顔を合わせた。2017年から昨年までの音楽監督=佐橋さんと、今年からの音楽監督=小澤さんである。
 今日の録音の基となっているスコアは佐橋さんの手によるもので、今年のスぺシャルのためにそのスコアに手を入れてくださったのは小澤さんである。なので、今日はお2人に立ち会っていただくことになった。今日が初対面だという2人の音楽監督による(恐らくは)最初で最後の共同作業である。
 指揮は本公演も振ってくださっていた福田光太郎さん。オーケストラのメンバーも本公演でオーケストラ・ピットに乗ってくださっていた皆さんが大半である。

 昨春の“大型イベントに対する政府の自粛要請”以来、演劇界はその影響を大きく受けてきた。その演劇界以上に深刻な影響を受けているのが演奏家の皆さんだと思う。音楽イベントやライブ自体の数が大きく減っているだけでなく、今まで生演奏であったミュージカルなどが、大事をとって録音を使用するようなケースが(今年の『アニー』がそうであるように)少なからずあるのである。

 ここへきてまた国内の感染者数が増加に転じていることは大いに気掛かりである。が、一方で希望も見え始めている。宝塚歌劇団さんも本拠地=宝塚での公演でオーケストラによる生演奏を再開した。

 どうか音楽に携わる皆さんの生活が1日も早く元通りに(或いは“元以上”に)なりますように。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月8日(木)

 今朝の『ZIP!』はご覧いただけたであろうか。

 アニー役の新井美虹さんと徳山しずくさんは、まだ空の暗い時刻からスタジオに向かったらしい。
 オンエアでは2人で「トゥモロー」を歌った後、司会の水卜麻美アナウンサーから「2人はこのあと学校に行くんですよね」と労われていた(まだ7時前である)。そして学校のあとは稽古である。

 昨日とは別のチームで粗通し。

 初日までまだ2週間以上あるこのタイミングに粗通しを行っているのは、今年の『アニー』が生演奏ではないからである。生演奏ではないと言うことは、当然であるが演奏は録音である。

 ミュージカルでは“音楽のテンポ”が一定であることはほとんどない。ドラマの状況や登場人物の気持ちなどと連動してだんだんゆっくりになったり、逆にどんどん早くなったり、間奏の間の台詞が終わるのを待って次の歌に飛び込んだり、キャストのアクションと同時に音楽が鳴ったり……ほとんどの楽曲で何らかの仕掛けが施されている。

 生演奏であれば、それらの仕掛けに臨機応変に対応することは困難なことではない。が、録音された演奏では臨機応変と言うわけにはいかない。なので、せめて音楽録音までに稽古をひと通り済ませて、本番により近いデータを収集して音楽録音に臨みたい、と言う事で稽古を急いでいたのであった。

 と言うわけで明日は音楽録音。

| | コメント (0)

『アニー』2021通信

4月7日(水)

 粗通し。

 初の“通し”は、ここまで急ぎ足で稽古してきたにもかかわらず好印象であった。もちろん、まだまだ“粗い”が。
 通してみるとよりハッキリするのだが、今年だけのスペシャル1幕版『アニー』は小気味良いくらい物語がサクサク進む。台本の段階で分かっていたことではあるのだが、これはこれで楽しい。

 話は変わってお知らせ。

 明日の『ZIP!!』(日本テレビ系列で朝5時50分~8時放送)にアニー役の2人が生出演だそうである。登場するのは6時45分くらいらしいので、どうぞお見逃しなく!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『My Story -素敵な仲間たち-』 『その場しのぎの男たち』 『どんまいマインド』 『アニー』 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 『イーストウィックの魔女たち』 『ウェディング・シンガー』 『エキストラ』 『エニシング・ゴーズ』 『オトコ・フタリ』 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 『クールの誕生』 『ザ・ヒットパレード』 『シスター・アクト』 『シラノ』 『ジキル&ハイド』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ドッグファイト』 『ナンシー』 『ニューヨークに行きたい‼』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『パイレート・クイーン』 『ファースト・デート』 『フラガール』 『プライベート・ライヴズ』 『ヘアスプレー』 『ミー&マイガール』 『メモリーズ』 『メリー・ウィドー』 『モンテ・クリスト伯』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『レベッカ』 『ローマの休日』 『ワイルドホーン・メロディーズ』 『三銃士』 『中川晃教CONCERT』 『予言』 『台所太平記』 『巌流島』 『王様と私』 『田茂神家の一族』 『竜馬の妻とその夫と愛人』 『貴婦人の訪問』 『青猫物語』 『風と共に去りぬ』 『A Live Ⅱ』 『ALive Final』 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 『I Do! I Do!』 『SFF & DFF』 その他 アーカイブ プロフィール・作品リスト 日記/2006年 日記/2007年 日記/2008年 日記/2009年 日記/2010年 日記/2011年 日記/2012年 日記/2013年 日記/2014年 日記/2015年 日記/2016年 日記/2017年 日記/2018年 日記/2019年 日記/2020年 日記/2021年 雑感