カテゴリー「『アニー』」の記事

『アニー』ダンスキッズ・オーディション

11月11日(日)

 丸美屋食品ミュージカルアニー。その2019年の“ダンスキッズ”を選ぶオーディションが昨日と今日とで行われた。

 日本テレビ製作の『アニー』は、初演から既に30年を超える上演史を持っている。私たちの『アニー』はその3ヴァージョン目で、このヴァージョンは2019年で3年目を迎える。
 ダンスキッズは、このヴァージョンになって登場した“ダンスシーンに特化した子供たち”の呼び名である(ダンスキッズについては昨年のブログもご参照いただきたい)。アニー役や孤児役と同様にダブルキャストになっていて(チーム・バケツとチーム・モップ)、チームごとに6人ずつ、合わせて12人のキッズが選ばれることになる。

 まず1次審査の書類審査である程度人数が絞られる。そして実技の2次審査。昨日がその1日目であった。審査をするのは振付の広崎うらんさんと振付助手の小山みゆきさん。私は現在『レベッカ』の稽古中なので、最終日である今日のみの参加であった。

 既にオフィシャル・ページには“ダンスキッズ決定”の第1報がUPされているが(それはこちら)、今年も本当に甲乙つけがたい、大変充実したオーディションであった。
 去年も一昨年もそうだったのだが、子供たち全員から「ダンスが大好き」なことがヒシヒシと伝わってきて、その中から誰かを選ぶことなんて、とてもではないができない。
 ……と言ってもいられないので、「断腸の思いで(うらんさん談)」12人を選ばせていただいた。

 合格した皆さん、本当におめでとう。残念な結果だった皆さん、どうかダンスを辞めないで!

| | コメント (0)

2019年のアニー決定!

10月21日(日)

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』の、2019年のアニーと孤児たちを選ぶオーディションの最終日。

 午前中は3つのグループに分かれてワークショップ審査。
 その場で次々と出される課題に対してどう対処するか? つまり、“予習してきたこと”や“対策を立ててきたこと”ではない部分を問う審査である。昨日までの審査では見えていなかったひとりひとりの素顔が見えてくる。ここでまた少し人数が絞られる。

 午後は演技の審査。
 これが最後の審査である。年齢で分けられたいくつかのグループごとにそれぞれ課題が渡されていて、その課題を1人ずつ見せてもらう。全ての審査を終えたのは17時に設定された結果発表の1時間前であった。

 ここからは時間との戦いである。様々な可能性が検討され、何度も何度もリストの名前を入れ替えて、合格者を選び終えたのは結果発表の15分前であった。
 すぐさま私が読み上げる“リスト”が作成され、間違いの無いようにいま一度名前を読み上げて確認し、私たちが結果発表の会場に滑り込んだのは17時3分前であった。

 結果発表の様子が早くも公式サイトにUPされている(それはこちら)。
 そして、ネット上で既に記事にしてくださっているメディアも(こちらこちらこちらなど。順不同です)。素早い、そして暖かい記事をありがとうございます。

 さて。

 この建物で『アニー』のオーディションと結果発表が行われるのも今回が最後となる。長年親しまれてきたこの建物は来春には取り壊されることが決まっているのである。2020年のアニーたちを選ぶのは、きっと新しい建物のはずである。

 オーディションに参加してくださった全員とご家族の皆様に、この場を借りて感謝いたします。ありがとうございました!

| | コメント (0)

『アニー』オーディション

10月20日(土)

 丸美屋食品ミュージカルアニー。その2019年の公演の“アニー役”と“孤児役”のオーディションが現在進行中。

 『アニー』は、毎年ゴールデンウィークの前後に東京公演が、夏休みに大阪や名古屋など4都市でツアー公演が行われている。
 主人公のアニーは孤児で、アニーと孤児院の仲間である孤児たちは、台本では“6歳から13歳”と設定されている。なので、毎年、それに相応しい年齢の子供たちをオーディションして配役するのが長年の習わしになっているのである。
 そのオーディションに密着した特別番組も毎年春に(全国ネットではないのだが)放送されている。ご覧になったことのある方も少なくないだろう。もちろん、今回のオーディションにもカメラが入っている。

 そのオーディションであるが、まず“応募書類”と“課題曲「Tomorrow」を歌った動画”を送っていただく1次審査がある。そこである程度人数が絞られ、合格者は2次審査に進むことになる。
 2次審査は都内のオーディション会場に足を運んでいただき、課題曲を審査員の前で歌っていただく形で行われる。この2次審査が先週の土曜日と日曜日で行われ、ここでまた人数が絞られた。
 そして今日と明日で最終審査が行われている。

 1日目である今日は、課題曲の歌審査からスタート。ここで更に人数が絞られ、合格者はダンス審査に進む。ダンス審査で更にまた人数が絞られ、合格者は2日目に進む。
 最終日でもある明日はワークショップ審査と演技の審査。そして、ようやく2019年のアニーと孤児が決定する。

 今日のオーディションに参加してくれた皆さん、本当にありがとうございました。全員が光り輝いていました。

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/大千穐楽 そして2019!

9月2日(日)

 丸美屋食品ミュージカル『アニー』が愛知で大千穐楽。今年の全日程を終了した。関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした。ご来場くださった皆さん、ご支援くださった皆さん、心より御礼申し上げます。

 2018年のアニー、孤児たち、そしてダンスキッズともお別れである。3月の稽古開始から半年近く。オーディションからだと10カ月余り。またいつか、どこかで再会できたら嬉しい。

 そして2019年の『アニー』。アニーと孤児たちのオーディション開催が告知されている(詳細はこちら)。今度はどんなアニーに出会えるだろうか。

 これで2018年の『アニー』通信はおしまいである。ご愛読ありがとうございました。

 それでは、また来年!(の前にクリスマス・コンサートが!)

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/愛知!

8月31日(金)

 愛知公演初日。

 11時の回は弥榮アニー&沙季モリ―、15時の回は夢乃アニー&凛モリ―であった。どちらのアニーも、そして孤児たち、ダンスキッズも(もちろん大人も)大きな空間でのびのびと演じた。

 今年の夏の『アニー』は、新潟までは11時開演と15時30分開演だったのだが、ここ愛知では2回目が30分早まって15時開演である。この30分の違いが意外と慌ただしい。
 『アニー』の上演時間は休憩込みで約2時間30分。1回目の終演は13時30分頃になるのだが、そこから2回目の開演まで、今までは120分あったのが90分しかない。
 1回目を終えて衣裳を脱いで、お昼を食べて、ちょっと一服……していたのを切り詰めて、もう2回目の支度をして開演、と言った具合である。

 でもまあ、あと2日だから、どうか皆さん頑張って。

 というわけで、愛知公演は9月2日まで。2018年の『アニー』もいよいよ見納めである。どうぞお見逃しのございませんように!

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/愛知!

8月30日(木)

 金山に来ている。

 金山はJR名古屋駅から東海道本線で2つ東京寄りになる駅である。
 公演の会場は金山駅から徒歩で約5分の日本特殊陶業市民会館フォレストホール。公演は明日から9月2日までの3日間である。

 1972年10月に開館した名古屋市民会館が、ネーミングライツで現在は日本特殊陶業市民会館となっている。ここには大小2つのホールがあり、アニー』が上演されるのは大きい方のフォレストホールである。
 フォレストホールの定員は2200余り。客席は4層になっていて、2018年の『アニー』の中では文句なしに最大の会場である。舞台も広大で、余裕のある高さや奥行きが実に気持ちいい。

 福岡、大阪、新潟と同様に、今日も抜粋で舞台稽古。確認するべきことをきっちりと確認し、予定時刻よりやや早く無事にメニューを消化した。

 明日は11時と15時の2回公演(千穐楽の9月2日まで毎日同じ)である。隣接するビレッジホールでは、明日はミュージカル『赤毛のアン』が上演される。
  期せずして“赤毛の女の子”を主人公にしたミュージカルが並んで上演されるわけであるが、『アニー』はフォレストホールである。

 どうぞお間違えのありませんように(間違えないよ!)

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/新潟!

8月26日(日)

 新潟公演初日……にして千穐楽。

 予報では、新潟の今日の天気は雨。雷を伴って強く降ることもある、と言うことであった。
 が、新潟テルサの周辺では「のべつ降っている」ということは無く、止んでいる時間の方がむしろ多いように感じた。開演中の様子は分からないのだが。

 そんな不安定な天気の中、大勢のお客様がご来場くださった。キャストは、11時の回が夢乃アニー&凛モリー、15時30分の回が弥榮アニー&沙季モリーである。

 
新潟のお客様は今までのどことも違っていらして、とても真剣にご覧いただいているように私には思われた。固唾を飲んで、と言うか、集中度が高い、と言ってもいいかも知れない。そんな雰囲気のする新潟の客席であった。

 さて。

 8月も終わろうとしている。次はついに2018年『アニー』最終公演地、愛知!

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/新潟!

8月25日(土)

 新潟に来ている。

 新潟公演の会場は新潟テルサ。新潟は明日1日だけの公演である。
 新潟勤労者総合福祉センター=新潟テルサは1994年に開館。『アニー』の公演が行われる多目的ホールの他に、会議室や研修室、レストラン、フィットネスセンターなどを備えている。

 ホールの定員は約1500名。ウィーン楽友協会の大ホールを念頭に置いて設計された……と言うようなことが公式ページには記されている(それはこちら)。
 2階席の無いワン・スロープのホールなので、後方席から舞台を見下ろした時の眺めは結構壮観である。客席数ではそれほど違わない福岡市民会館や仙台の東京エレクトロンホール宮城などとはいささか趣の異なる眺めとなっている。

 孤児とダンスキッズを演じるのは福岡以来のチーム・バケツ。以後、愛知の大千穐楽までチーム・バケツが登板する。ただし、アニーとモリ―がダブル・キャストなのは今まで通りである。
 今日は主要な場面、ナンバー、場面転換のみを抜粋しての舞台稽古。この会場だけの変更事項を特に注意深く確認。さすがに3会場目なので、どのセクションも手際は良い。お陰でタイム・テーブルよりも若干巻いて稽古は終了した。

 さて。

 明日は初日。11時開演と15時30分開演の2回公演である。

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/大阪!

8月9日(木)

 大阪公演初日。

 初日から2回公演である(そして千穐楽まで全日程2回公演である)。11時の回は「弥榮アニー&沙季モリー」、15時30分の回は「夢乃アニー&凛モリー」であった。

 客席数1700を超える福岡市民会館の後だけに、シアター・ドラマシティの客席は“こぢんまり”と感じる。
 “劇場”は、その劇場のためだけにひとつひとつ設計される、いわばオーダーメイドである。なので、劇場ごとに見え方も雰囲気も持ち味も違ってくる。福岡市民会館とシアター・ドラマシティとでは持ち味もずいぶんと異なるが、どちらの持ち味も捨て難い。

 それはともかく、大阪のお客様は新鮮に舞台を観てくださっているように感じた。芝居の中身も落ち着いてきているので、とてもいい状態の『アニー』になっていると思う。

 大阪公演は8月14日(火)まで続く。そして大阪の次は新潟へ!

| | コメント (0)

『アニー』2018通信/大阪!

8月8日(水)

 大阪に来ている。

 大阪公演の会場は例年通りシアター・ドラマシティである。公演期間は明日9日(木)から14日(火)までの6日間で、開演時間は連日11時と15時30分の2回公演である。
 大阪から子供たちが“チーム・モップ”にスイッチする。劇場条件も福岡とはまた異なるので、今日は改めで舞台稽古。必要と思われるいくつかの場面を選んで、しっかりと確認。

 気象庁の観測データによると、今日の大阪の最高気温は30.6度であった。私たちの仕事場(劇場)は空調の整った室内なので外の様子はよく分からないのだが、仕事を終えて楽屋口を出た時は確かにかなり涼しく感じた。27~28度くらいだったはずである。

 さて。

 明日は大阪初日。天気予報によれば、明日の午後は34度くらいまで上がりそうである。
 ご来場くださる皆様、どうぞお気をつけてお越しください。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 | 『どんまいマインド』 | 『アニー』 | 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 | 『イーストウィックの魔女たち』 | 『ウェディング・シンガー』 | 『エキストラ』 | 『エニシング・ゴーズ』 | 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 | 『クールの誕生』 | 『ザ・ヒットパレード』 | 『シスター・アクト』 | 『シラノ』 | 『ジキル&ハイド』 | 『ダンス オブ ヴァンパイア』 | 『ドッグファイト』 | 『ナンシー』 | 『ニューヨークに行きたい‼』 | 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 | 『パイレート・クイーン』 | 『ファースト・デート』 | 『フラガール』 | 『プライベート・ライヴズ』 | 『ミー&マイガール』 | 『メモリーズ』 | 『メリー・ウィドー』 | 『モンテ・クリスト伯』 | 『ラ・カージュ・オ・フォール』 | 『レベッカ』 | 『ワイルドホーン・メロディーズ』 | 『三銃士』 | 『予言』 | 『台所太平記』 | 『王様と私』 | 『田茂神家の一族』 | 『竜馬の妻とその夫と愛人』 | 『貴婦人の訪問』 | 『青猫物語』 | 『風と共に去りぬ』 | 『A Live Ⅱ』 | 『ALive Final』 | 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 | 『I Do! I Do!』 | 『SFF & DFF』 | その他 | アーカイブ | プロフィール・作品リスト | 日記/2006年 | 日記/2007年 | 日記/2008年 | 日記/2009年 | 日記/2010年 | 日記/2011年 | 日記/2012年 | 日記/2013年 | 日記/2014年 | 日記/2015年 | 日記/2016年 | 日記/2017年 | 日記/2018年