カテゴリー「『フラガール』」の記事

『王様と私』 そしてフラガール

7月9日(水)

 東京国際フォーラムでの『王様と私』初日。

 大勢の方にお越しいただいた。お足元の悪い中、ありがとうございました。
 旅公演では、各劇場で本番前に、舞台空間や袖回り、裏導線などを、舞台監督の説明を受けながらキャスト全員で確認することになっている。舞台の間口や奥行、大道具を吊るすバトンの間隔などがまちまちなので、劇場毎に立ち位置や座り位置、出入りのルートなどが微妙に異なったりするからである。
 今日も開演の2時間半前から、キャスト&スタッフで舞台と舞台周りの確認。舞台から客席を一望した松平さんは一言「大きいなあ」と呟かれた。

 確かに東京国際フォーラム ホールCの空間は「大きい」と思う。1階席最前の通路から客席後方を振り返って見上げていただければ、その大きさが実感できるだろう。
 しかし客席から眺めた『王様と私』には、この空間のスケールがちょうどよい様に感じられた。この劇場で『王様と私』を上演できることは大きな喜びである。 

 『王様と私』終演後、同じ東京国際フォーラムのホールAへ。

 今日は『常磐音楽舞踊学院50周年記念東京公演』であった。
 常磐音楽舞踊学院は、福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズの「フラガール」さんたちを養成する学校である。
 宝塚歌劇団に入団するためには宝塚音楽学校に入らなければならない。同様に、フラガールさんになるためには常磐音楽舞踊学院に入る必要がある。その学院の、今年は創立50周年で、それを記念した東京公演が今日1日だけ、1回だけ行なわれたのであった。

 スパリゾートハワイアンズとフラガールさんたちの存在は、2006年の映画『フラガール』で広く知られる様になった。その映画が2008年に舞台化された時に、演出を私が担当した。
 その流れで、ハワイアンズやいわき市にもロケハンのために何回か足を運んだ。常磐炭鉱の遺構を見て回ったり、映画のロケ地を見せていただいたりもした。
 本物のフラガールさんにも出演していただくことになり、大勢の現役フラガールさんたちにお目に掛からせていただいたりもした(当時の『フラガール』通信こちらからどうぞ)。

 今日は一観客として記念公演を拝見させていただいたのだが、舞台を観ながら『フラガール』の準備中や稽古中の色々なことが思い出された。
 特に、フラガールの主人公のモデルと言われるカレイナニ早川さんがお元気に舞台に登場された時は感無量であった。早川さんは50年に渡って常磐音楽舞踊学院を(そして日本のフラダンス界を)牽引してこられたのである。

 50周年おめでとうございます。次の50年が、今まで以上に光り輝きます様に!

| | コメント (1)

『フラガール』千穐楽と『青猫物語』通信

8月31日(日)

  舞台『フラガール』が名古屋・御園座で千穐楽を迎えた。

  このブログの読者にはもうお分かりであろうが、私は千穐楽には顔を出していない。果たして何事もなく無事に幕は下りたのであろうか。カーテン・コールは盛り上がったのかなあ。
  何はともあれ、ご観劇くださった皆さんに心より御礼申し上げたい。そしてキャスト&スタッフの皆さん、お疲れ様でした。いつの日か、皆さんと再び仕事ができる日が来ます様に。

  さて、『青猫物語』。今日は衣裳を着けての通し稽古。更にその後、衣裳無しで2回目の通し稽古。

  上演時間は1幕、2幕共に1時間04分~05分に落ち着きそうである。これに20分の幕間休憩とカーテン・コールが付いて、トータルで上演時間は2時間30分前後に仕上がるのではないだろうか。できれば2時間30分は切りたいのだが。
  シアタークリエでは『宝塚BOYS』が本日千穐楽。いよいよ『青猫物語』の仕込みが始まる。

  明日から9月。恋愛喜劇『青猫物語』初日まであと5日。

| | コメント (1)

『フラガール』東京千穐楽 そして『青猫物語』

8月6日(水)

  舞台『フラガール』の東京公演が千穐楽を迎えた。

  お陰様でお客様の入りも良く、日によっては立ち見も出たらしい。何よりも嬉しい知らせであった。ご観劇いただいた皆さん、ありがとうございました。
  『フラガール』はこの後旅に出る。フラガールの故郷いわきを皮切りに、福岡、大阪、そして名古屋である。旅先の皆さん、どうぞご声援をお願いいたします。

  さて、『青猫物語』であるが、舞台美術打ち合わせや衣裳打ち合わせ、音楽打ち合わせなど、準備は着々と進行している。稽古は北村有起哉さんの帰京を待って来週から。『青猫物語』通信もそれに合わせてスタートするつもりである。

  こちらの方も、どうぞよろしくお願します。

| | コメント (1)

『フラガール』通信

7月18日(金)

  初日。

  無事に開きました。どんな作品に仕上がったかは、どうぞ劇場でお確かめください。

  どの作品の時でもそうだが、私は舞台『フラガール』にも全力を注いでやって来た。なので、今現在は一番愛着のある作品である。
  この機会を私に与えてくださった皆さんに、この場を借りてお礼を申し上げたい。そしてこの舞台を裏側から支えてくださった全ての関係者にも。ご覧頂けばお分かりになるだろうが、この舞台の裏側はまさに戦場である。

  これで『フラガール』通信はお終いである。ご愛読ありがとうございました。

  次は『青猫物語』通信。ただし、8月まではちょっとお休み。

| | コメント (0)

『フラガール』通信

7月17日(木)

  ここ数日、愛想の無いブログで済みません。何しろやらなきゃいけないことが山積みで・・・。山積みなので、とにかく時間に追われてはいるが、現場の空気はすこぶる良い。

  昨日から舞台稽古が始まっていて、今日はその2日目。2幕後半を稽古した後、ゲネプロ。上演時間は20分の休憩とカーテンコールを入れて、2時間35分程度になりそうである。

  舞台『フラガール』初日まであと1日。

  ・・・って、これ、初日の朝に書いてるんだけどさ。わ、もう出かける時刻!

| | コメント (2)

『フラガール』通信

7月16日(水)

  ただ今帰宅。4時間後にはACT。

  舞台『フラガール』初日まであと2日。

| | コメント (2)

『フラガール』通信

7月15日(火)

  午前中は音響チームの調整、午後から明かり作りの続き。予定のメニューを消化できず。

  舞台『フラガール』初日まであと3日。

| | コメント (0)

『フラガール』通信

7月14日(月)

  午前中『青猫・・・』。終えてACTへ、タッパ合わせ。後、別稽古場へ、『フラ・・・』芝居部分のみ稽古。ACTに戻り照明フォーカス、更に明かり作り。深夜作業。帰宅。

  舞台『フラガール』初日まであと4日。

| | コメント (0)

『フラガール』通信

7月13日(日)

  赤坂ACTシアターにて、終日大道具、照明、音響などの仕込み。別の場所にてダンスのみの集中稽古も行われたが、私は劇場の方へ。

  舞台『フラガール』初日まであと5日。

| | コメント (0)

『青猫物語』と『フラガール』通信

7月11日(金)

  午前中は『青猫物語』の舞台美術打ち合わせ。

  『青猫物語』は、昨年末の『恐れを知らぬ川上音二郎一座』から続く、シアタークリエのオープニング・シリーズの1本である。
  新しい劇場に相応しい新鮮な舞台にするために、キャストもクリエイティブ・チームも今まで東宝では仕事をなさっていない方たちを中心に声をかけている。
  詳細は公式ページへ。

  『フラガール』はいよいよ稽古場最終日。本番通り衣裳、ヘアメイクありで通し稽古。

  この規模で、稽古場に大道具を組んで衣裳やヘアメイク付きで通す。
  この仕事をされている方ならお分かりいただけるであろうが、これは並大抵のことではない。それを実現してくださったスタッフの皆さんに敬意を表したい。 そのお陰で、劇場に入ってからの貴重な時間を大幅に節約することができるのである。
  そして今ならまだ間に合う、と言った変更や直しも。つまり、作品のクォリティが上がる、と言うことなのである。

  明日は稽古は休み。スタッフは3週間近く過ごしてきた稽古場の撤収である。

  舞台『フラガール』初日まであと7日。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 | 『どんまいマインド』 | 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 | 『イーストウィックの魔女たち』 | 『ウェディング・シンガー』 | 『エキストラ』 | 『エニシング・ゴーズ』 | 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 | 『クールの誕生』 | 『ザ・ヒットパレード』 | 『シスター・アクト』 | 『シラノ』 | 『ジキル&ハイド』 | 『ダンスオブ ヴァンパイア』 | 『ナンシー』 | 『ニューヨークに行きたい‼』 | 『パイレート・クイーン』 | 『ファースト・デート』 | 『フラガール』 | 『ミー&マイガール』 | 『メリー・ウィドー』 | 『モンテ・クリスト伯』 | 『ラ・カージュ・オ・フォール』 | 『レベッカ』 | 『ワイルドホーン・メロディーズ』 | 『三銃士』 | 『予言』 | 『王様と私』 | 『竜馬の妻とその夫と愛人』 | 『青猫物語』 | 『風と共に去りぬ』 | 『A Live Ⅱ』 | 『ALive Final』 | 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 | 『I Do! I Do!』 | 『SFF & DFF』 | その他 | アーカイブ | プロフィール・作品リスト | 日記/2006年 | 日記/2007年 | 日記/2008年 | 日記/2009年 | 日記/2010年 | 日記/2011年 | 日記/2012年 | 日記/2013年 | 日記/2014年