カテゴリー「『シスター・アクト』」の記事

『シスター・アクト』通信

10月14日(月)

 台風19号の接近に伴い稽古を1日お休みにしたので稽古メニューが組み直された。東京のあらゆる稽古場で同様の組み直しが行われているに違いない。

 組み直された今日のメニューは1幕4場、5場、6場の立ち稽古。

 1幕4場は「警察署」である。
 “ギャングが仲間の1人を射殺する”現場をたまたま目撃してしまったデロリス(森公美子さん/朝夏まなとさん)が、やっとのことで逃げ込んだのがフィラデルフィア警察である。デロリスはそこで高校時代の同級生エディ(石井一考さん)と偶然再会する。エディは今では警官になっていた。
 エディによれば、デロリスが裁判で証言をすれば犯人を逮捕することができるらしい。と同時に、犯人たちはデロリスの口を封じるために命を狙うだろう。裁判で証言する環境が整うまで、デロリスはどこかに身を隠さなければならない。……どこへ?

 1幕5場は南フィラデルフィアにあるという設定の「クイーン・オブ・エンジェルス教会の拝廊」。
 この教会には修道院が併設されていて、厳格な修道院長(鳳蘭さん)の下、シスターたちが神様へのお勤めに日々勤しんでいる。
 教会を監督する立場のオハラ神父(小野武彦さん)が修道院長を訪ねてきて、「大司教区がこの教会の閉鎖を検討している」と告げる。近頃では信者の数が大幅に減ってしまい教会の存続が難しいのだ。教会の閉鎖を認めない修道院長。そこにエディがデロリスを連れて現れて……。

 1幕6場は「教会の食堂」。
 エディの発案でデロリスは修道院に身を隠すことになった。しかし修道院は“修道女”と“修道女になるために修行中の者”以外は入ることが許されない。デロリスがここに入ることができたのは……?

 5場には修道院長とデロリスのナンバー「ここ、壁の内こそ」があり、6場にはデロリスとシスターたちのナンバー「シスターになるのは素敵」がある。今日は各場面の芝居の稽古だけでなく、それぞれのナンバーもステージング。

 稽古場では前回公演にも出演していらしたおなじみのキャストと今回から参加してくださるニュー・キャストが仲良く座っている。“懐かしい感じの空気”と“新鮮な感じの空気”が混在していて、ちょっと不思議な感覚になる。
 稽古していても、見覚えのある『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』だと思っていたら、突然見たことのない『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が現われる。

 劇場で見たらどんな感じになるだろう?

| | コメント (0)

『シスター・アクト』通信

10月8日(火)

 立ち稽古。1幕8場「警察署」と9場「路上」。

 ストーリーの冒頭でデロリスが目撃した“殺人事件”の容疑者としてカーティスが連行されている。が、証拠不十分で保釈になる。
 しかし、カーティスと子分たち=TJ、ジョーイ、パブロは「なぜカーティスが引っ張られたのか」が分からず気が気でない。エディ・サウザー巡査が言っていた「こっちには証人がいるんだ」という捨て台詞も気がかりである。
 「カーティスをぶち込むのに十分な、確かな証言」をする証人とは……?

 というのが1幕8場。ここにはカーティスと子分たちのナンバー「あいつを見つけたら」がある。ナンバーの中で4人は警察を出て、舞台はフィラデルフィアの路上へと変わる。それが9場である。

 稽古はまず8場の芝居部分から。芝居部分の整理がついたところで「あいつを見つけたら」の振り付けへ。『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の振付は田井中智子さんと大澄賢也さん。共作ではなくお2人で分担していただいているのだが、このナンバーは田井中さんの担当である。
 続投するキャストの大澄さん、泉見さん、KENTAROさんは“少しずつ思い出しながら”、新キャストの今さんと林さんは“少しずつ覚えながら”振り付け。いい感じの“チーム・カーティス”が出来上がりつつある。

 稽古の後半は朝夏まなとさんの歌稽古。

 朝夏さんは森公美子さんとダブル・キャストで主人公の“売れないシンガー”デロリス・ヴァン・カルティエを演じる。森さんは『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』には初演からの出演であるが、朝夏さんは今回が初出演。朝夏さんの前には瀬奈じゅんさん(初演)と蘭寿とむさん(再演)がデロリスを演じている。
 デロリスはほとんどの場面に登場し、それに比例してミュージカル・ナンバーの数も膨大である。明日以降の稽古に備えてミュージカル・ナンバーをひと通りおさらい。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』通信

9月30日(月)

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』も歌稽古が進行中。

 今日はまず泉見洋平さん、KENTAROさん、林翔太さんの3人から。3人は「フィラデルフィアのカジノを牛耳っているらしいマフィアのボス=カーティス」の子分たち、TJ(泉見さん)、ジョーイ(KENTAROさん)、パブロ(林さん)を演じる。KENTAROさんは2014年の初演から、泉見さんは2016年の再演から、林さんは今回からの出演である。

 ミュージカル版の『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』では“1977年のフィラデルフィア”が物語の舞台として設定されている。
 原作である映画版『天使にラブ・ソングを』とミュージカル版とでは設定がやや異なるのだが(そのあたりのことについては過去の『シスター・アクト』通信で触れている。このページ右側の“カテゴリー欄”にある『シスター・アクト』からご参照いただける)、その結果、ミュージカル版の楽曲の大半が1970~80年代に世界的に流行った“ソウル・ミュージック”のテイストで作られることになった。

 マフィアたちが歌うナンバーも見事なソウル・ミュージックになっていて(ハモリが抜群に美しい!)、残忍な歌詞とは裏腹にサウンドはいたってジェントルなのがかなりおかしい(個人の感想です)。当時、ソウル・ミュージックの中心だったのがフィラデルフィアである。

 続いて、3人にボスも加わって歌稽古。ボス=カーティスを演じるのは大澄賢也さん(振付家としてミュージカル・ナンバー3曲を振り付けてもいる)と今拓哉さんである。大澄さんは初演から、今さんは今回からの出演。ボスが加わってもソウル・ミュージック!

 歌稽古の後半はシスターの皆さんと男性アンサンブルの皆さん。更に森公美子さんが加わり、森さん演じる主人公=“売れないシンガー”のデロリスとシスターたちのナンバーをひと通りさらう。
 「シスターになるのは素敵」「天国へ行かせて(シスター・バージョン)」「日曜の朝のフィーバー」「私は伝説になる! リプライズ」「愛を広めよ」……と、ものすごい熱量のナンバーばかりで、聞いているだけで圧倒される。「さあ、声を出せ!」と「私たちのショーに祝福を」ではグッときちゃった(個人の感想です)

 歌稽古の最後に幕開きの2曲「天国へ行かせて(ナイトクラブ・バージョン)」「私は伝説になる!」をさらう。
 この2曲は、デロリスと同僚のシンガー=ミシェル&ティナの3人で歌われる。ミシェルを演じるのは河合篤子さん(初演から出演)で、ティナは池谷祐子さん(今回が初出演)である。“女性3人のコーラス・グループ”と言うのがあの時代っぽくて、何ともいい感じ。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』通信

9月20日(金)

 ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の稽古が始まった。

 こちらもまずは歌稽古からである。今日はシスターの皆さんの歌稽古。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は今回からキャストがガラリと入れ代わった。シスター・メアリー・パトリックを演じる未来優希さんも、シスター・メアリー・ロバートを演じる屋比久知奈さんも、共に『シス・アク』初出演である。シスターの中で前回から続投しているのは、シスター・メアリー・ラザールスを演じる春風ひとみさんの他は、河合篤子さん、鈴木裕香さん、須藤香菜さんだけになった。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の音楽スタッフは、音楽監督=八幡茂さん、歌唱指導=ちあきしんさん、稽古ピアノ=國井雅美さんと石川花蓮さん、そして指揮=塩田明弘さんである。顔ぶれが一新された聖歌隊の新たな歌声がどのように進化して行くのか。興味は尽きない。

 今日は振付の大澄賢也さんも稽古場に登場(もちろんキャストでもある。が、今日はスタッフとして)。振付助手の坂本宏旬さんと(坂元さんもキャストと振付助手の兼任であるが、今日はスタッフとして)アンサンブルの皆さんのダンスを改めてチェック。今後の稽古に備える。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』通信

9月15日(日)

 天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~の舞台美術打ち合わせ。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は、ウーピー・ゴールドバーグ主演のコメディ映画『天使にラブ・ソングを』(エミール・アルドリーノ監督/1992年)をミュージカル化した作品である。脚本はチェリ・シュタインケルナーさんとビル・シュタインケルナーさん、音楽はアラン・メンケンさん、歌詞はグレン・スレイターさんである。
 世界初演は2009年のロンドン/ウェストエンドで、2011年にはブロードウェイ上陸を果たした。日本では2014年に帝国劇場で初演され、今回は2016~2017年の再演に続く再々演となる。

 今回の東京公演は初めて帝劇を離れ、東急シアターオーブでの上演となる。東京の後は6ヵ所でのツアー公演も計画されている。ということで、今日の打ち合わせのテーマは「新劇場とツアーへの対応」である。今までのイメージを損なうことなく、どうやって機動性を高められるか?
 知恵を絞ってくださったのは美術デザイナーの松井るみさん、照明デザイナーの高見和義さんをはじめ、舞台監督の佐藤博さん、演出補の鈴木ひがしさん、それに大道具を製作してくださる東宝舞台の皆さん、電飾関係を仕込んでくださるコマデンの皆さん。さすがに頼もしい。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』も数日後には歌稽古が始まる。シアターオーブでの初日は11月15日(金)。『シスター・アクト』通信も、可能な限りお届けしていきたい。

| | コメント (0)

『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』 全キャスト発表!

 ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の公式ページがリニューアル。合わせて全キャストが発表となった。

 公式ページへはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

速報! 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が帰ってくる!!

 ミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の再々演が決定した。

 まずは公式サイトの第1報をどうぞ。

| | コメント (0)

大千穐楽 『シスター・アクト』通信

2月11日(土)

 全国ツアーを行っていたミュージカル『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が、まつもと市民芸術館 主ホールで、遂に千穐楽を迎えた。

 キャスト、オーケストラ、スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。そして、ご観劇くださった皆さん、ツアーを支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
 残念ながら私は東京だったので千穐楽には立ち会っていない。と言うより、1月8日に博多座で観たのが最後である。なので、誰よりも私自身が重度の“『シスアク』ロス”である。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は“観る者に希望と勇気を与えてくれるミュージカル”だと私は思っている。そしてそれは、“劇場の役割”の中で最も大切なことだと私は考える。その1点だけでも、『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が繰り返し上演されるべき理由となるだろう。

 果たして次があるのかどうか……今は何もわからない。が、「あって欲しい」と切実に、心から、神掛けて、願っている。(それまでは『クリエ・ミュージカル・コレクションⅢ』へどうぞ。瀬奈デロリスに会えます)

| | コメント (0)

『クリコレⅢ』通信

1月29日(日)

 「闇が広がる」、「私が踊る時」、「大勢のナンバー」、「デュエット・ナンバー」をステージング。

 稽古中はキリのよいところで短い休憩が入る。と、すかさず誰かがおさらいを始める。
 歌の確認だったり動線や振りの思い出しだったり、単独だったり単独で始まったのがいつの間にか大人数になったり……、その内容は様々であるが、休憩時間が休憩だったためしは殆んどない。
 連日“発表されている稽古メニュー以上に稽古が行われている”みたいなことになっているのだが、稽古終了後は稽古終了後で誰かが自主稽古を始める。稽古の量は更に増える。

 ……まるで部活。

 稽古と並行して今日は衣裳合わせも。どんな衣裳が選ばれた……かな?

 さて。

 博多座の『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』が、昨日無事に千穐楽を迎えた。
 ご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。あとは浜松(2月3日、4日)と長野(2月10日、11日)を残すのみとなった。

 『シス・アク』ロスの皆さん……どうぞシアタークリエへ。

| | コメント (0)

『シスター・アクト』通信 そして幕が上がる編(仮)

1月7日(土)

 初日。

 今日の博多座は補助席が出て、更にお立ち見のお客様もいらっしゃった。大勢のお客様にご覧いただけることは何よりも嬉しい。
 開演時刻は13時。オーケストラのチューニングと共に場内の明かりが落ち、マエストロ=塩田さん渾身のタクトが振り下ろされる。昨夏、8月7日の仙台公演千穐楽以来、5カ月ぶりの『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の開幕である。

 博多座のお客様はシスターたちを“熱狂的に”迎えてくださった。その熱は舞台上の温度をいつも以上に上げた。カーテン・コールではキャストを代表して森さんが初日のご挨拶。待ち望んでいた博多座公演の開幕を、心の底から喜んでいらした。
 ご挨拶の後は「みんなで歌って踊ろう」コーナー。振り付け指導員=パブロ(上口耕平さん)からの2階席、3階席の皆さんへのアドヴァイスは「自分を明太子だと思って」であった(こちらの記事を参照のこと)。

 「歌って踊ろう」が終わり、オーケストラによるエグズィット・ミュージックの演奏が終わっても、お客様の拍手は鳴りやまなかった。カーテン・コールの全てが終わった時、時計は16時を5分ほど回っていた。

 これで2016年~2017年の『シスター・アクト』通信はおしまいである。ご愛読ありがとうございました。次は『クリコレⅢ』通信。数日後には始まります。

 博多座での『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』は1月28日(土)まで。お見逃しなく!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 『どんまいマインド』 『アニー』 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 『イーストウィックの魔女たち』 『ウェディング・シンガー』 『エキストラ』 『エニシング・ゴーズ』 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 『クールの誕生』 『ザ・ヒットパレード』 『シスター・アクト』 『シラノ』 『ジキル&ハイド』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ドッグファイト』 『ナンシー』 『ニューヨークに行きたい‼』 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 『パイレート・クイーン』 『ファースト・デート』 『フラガール』 『プライベート・ライヴズ』 『ヘアスプレー』 『ミー&マイガール』 『メモリーズ』 『メリー・ウィドー』 『モンテ・クリスト伯』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 『レベッカ』 『ワイルドホーン・メロディーズ』 『三銃士』 『予言』 『台所太平記』 『王様と私』 『田茂神家の一族』 『竜馬の妻とその夫と愛人』 『貴婦人の訪問』 『青猫物語』 『風と共に去りぬ』 『A Live Ⅱ』 『ALive Final』 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 『I Do! I Do!』 『SFF & DFF』 その他 アーカイブ プロフィール・作品リスト 日記/2006年 日記/2007年 日記/2008年 日記/2009年 日記/2010年 日記/2011年 日記/2012年 日記/2013年 日記/2014年 日記/2015年 日記/2016年 日記/2017年 日記/2018年 日記/2019年 雑感