カテゴリー「『ダンス オブ ヴァンパイア』」の記事

『ダンス オブ ヴァンパイア』 千穐楽!

1月17日(日)

 名古屋へ。

 愛知県芸術劇場 大ホールにて、2015-16年の『ダンス オブ ヴァンパイア』が千穐楽。
 ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。公演関係者の皆さん、お疲れ様でした。

 カーテン・コールでは、カンパニーを代表して、平方さん、神田さん、そして山口さんがご挨拶。“みんなで踊ろう”も済み、オーケストラがエグズィット・ミュージックを演奏し終えても、キャストたちは何度も舞台に呼び戻された。
 最後には、昨日一足先に千穐楽を迎えた舞羽さんと共に、大阪・名古屋を休演していたヴァンパイア・ダンサーの松島蘭さんも舞台へ。帝劇以来、ようやく全員が舞台上に揃った。

 カーテン・コール終了後、緞帳を降ろし、舞台にて三本締め。始まりがあるものは終わりもある。2015-16年の『ダンス オブ ヴァンパイア』は全公演を終了した。

 9月の歌稽古から既に4か月。その間には年も変わり、今年は『ダンス オブ ヴァンパイア』日本初演から10年の記念すべき年である。
 『ダンス オブ ヴァンパイア』が10年もの長きに渡って上演され続けることが出来たのは、ひとえに劇場に足を運んでくださった皆さんのお陰である。そして舞台裏の至る所――客席からは見えない狭くて暗い場所――で、創意工夫を重ねてくださった大勢のスタッフの労力の賜物でもある。

 この場をお借りして、舞台裏の魔法使いたちにも感謝の意を表したい。

 さて。

 これでヴァンパイアたちともお別れである。いつの日か彼らが、「死にたいほど退屈」して私たちの前に再び姿を現す時が来る……かも知れない。

 その時は、どうぞまたご贔屓に。

| | コメント (2)

『TDV』通信/ゆく年くる年編・最終回

1月2日(土)

 初日。

 今日は初日から、いきなりの2回公演である。
 ダブル・キャストは、昼の部が平方さん、舞羽さん、森山さん。夜の部は良知さん、神田さん、新上さん。レベッカは昼夜共に出雲さんであった。

 『ダンス オブ ヴァンパイア』が梅田芸術劇場 メインホールで上演されるのは、2012年1月に続いて2度目である。が、私は2012年の大阪公演には立ち会っていないので、梅芸での『TDV』は初体験である。
 今日の客席の雰囲気は、ちょっと「固唾を呑む」風であった。10年前の帝劇初演の、初日の客席に流れていた「緊張感」を思い出したりもしたのだが、最終的には「帝劇に勝るとも劣らない盛り上がり」を見せた、と思う。
 カーテン・コールでは客席の全員が立ち上がって踊ってくださっていた(ヘルベルトがお客様に“立つこと”を要求しているからなのだが)。

 ひとつ残念なお知らせが。ヴァンパイア・ダンサーズの松島蘭さんが怪我のため休演。一日も早い回復を願うばかりである。

 これで『TDV』通信/行く年くる年編はおしまいである。年末、年始にもかかわらず、目を通してくださってありがとうございました。

 今年も劇場で素敵な出会いがあります様に。

| | コメント (0)

『TDV』通信/ゆく年くる年編

1月1日(金)

 お昼から舞台稽古、昨日の続き。図書館からカーテン・コールまでをあたる。
 順調に進行し、予定よりやや早い時刻に終了。

 大休憩を取って、その間にスタッフは諸々の手直し。そして、ゲネプロ。
 舞台稽古が早めに終わった分、ゲネプロの開始時刻も早まる。何と言っても元旦の貴重な時間を頂いているので、早くなるに越したことはない。

 ゲネプロは良い仕上がり。昨年末の大阪入りする前の稽古と、昨日・今日の稽古とで細かく修正を入れたので、新鮮な『ダンス オブ ヴァンパイア』になっていると思う。

 ゲネプロ終了後は各セクション、最後の調整。明日は大阪初日。
 初日から2回公演で、昼の部は12時30分開演、夜の部は17時30分開演である。

 梅田芸術劇場 メインホールでお待ちしています。

| | コメント (2)

『TDV』通信スペシャル Happy New Year!

12月31日(木) → 1月1日(金) 

 あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 という訳で、本日(12月31日)の作業は終了。今日(1月1日)は舞台稽古の続きとゲネプロ。その前にひと眠り。おやすみなさい。

| | コメント (0)

『TDV』通信/ゆく年くる年編

12月31日(木)

 午前中はオーケストラと音響チームでサウンド・チェック。午後から舞台稽古。

 梅田芸術劇場 メインホールは、帝劇と並ぶ日本を代表する大劇場である。座席数はどちらも1900を超える。
 客席からの見え方は帝劇と梅芸ではやや異なるのだが(両劇場で“同じ様な位置の席”に座った時に、と言う話です)、その見え方の違いも劇場の個性になっている様に思う。

 舞台稽古1日目は、幕開きより2幕の霊廟まで。大晦日の貴重な時間を頂いての舞台稽古なので、できる限りテキパキと進む様に努める。
 ミス・オンタイム(演出助手の小川美也子さん)のご加護もあり、予定のメニューを無事に消化して、予定よりやや早い時刻に1日目は終了。……が、スタッフには、まだ明かり合わせとテクニカル・リハーサルが残っている。

 しかしながら、今日のブログは年が変わる前に、今年の内にUPしたい。なので、まだ仕事は終わっていないのだがUPすることにする。

 今年もご愛読、ご観劇、ありがとうございました。どうぞ良い年をお迎えください。

| | コメント (0)

『TDV』通信/ゆく年くる年編

12月30日(水)

 大阪に来ている。梅田芸術劇場 メインホールである。

 仕込み作業は既に28日から始まっている。今日は午後から道具調べ・照明合わせである。
 『ダンス オ ブヴァンパイア』は、東宝で数々の大作ミュージカルを担当されてきた岡本プロデューサーをして「“仕込みから幕を開けるまで”が最も過酷」だと言わしめた作品である。作業が「時間との戦い」になる事は目に見えている。

 が、今日の作業は至って順調に進行した。「戦いでなかった」とは言わないが、予定されていたメニューを無事に消化して今日の作業を終えた。と言っても、深夜作業ではあったのだが。
 スタッフの皆さん、ありがとうございました。明日は舞台稽古。

 話は変わって……。

 シアタークリエでは『ドッグファイト』の東京公演が本日千穐楽。ご来場くださった皆さん、ありがとうございました。関係者の皆さん、お疲れ様でした。
 残すところ『ドッグファイト』は1月7日・8日の愛知公演のみとなった。

 心残りのある方は東海市芸術劇場へ!

| | コメント (0)

『TDV』通信 東京公演千穐楽

11月30日(月)

 帝劇へ。『ダンス オブ ヴァンパイア』東京公演が千穐楽。

 御来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。そしてキャスト&関係者の皆さん、お疲れ様でした。

 満員の客席と言うのはやはり良いものである。その1階席を最後尾から見渡すことのできる監事室から、今日の千穐楽は観劇した。
 久しぶりに観た『ダンス オブ ヴァンパイア』だったのだが、見どころが満載で、何て楽しいミュージカルであることだろう。関係者の1人としてこんな感想をつぶやくのもどうかと思うが、今日は改めてそう思った。

 何度も繰り返されたカーテン・コールの後、舞台の下手袖に関係者一同が集合。池田取締役のご挨拶、そして山口さんの音頭で三本締め。東京公演は幕を閉じた。

 『ダンス オブ ヴァンパイア』は、この後、2016年1月2日~11日に大阪/梅田芸術劇場メインホールにて、1月15日~17日に名古屋/愛知県芸術劇場大ホールにて上演される。

 2016年は、『ダンス オブ ヴァンパイア』日本初演から10年目の記念すべき年である。
 欲望の赴くままに、梅芸へ! 芸劇へ!

| | コメント (2)

『ドッグファイト』通信

11月27日(金)

 ミュージカル・ナンバー、ダンス・ナンバーの振り固めデー。

 まず海兵隊員たちのナンバー/M2「最後の夜」、M3「3匹のハチ」をさらう。そしてローズのナンバー/M6「何よりもワンダフル」、エディーとローズのM13「ファーストデート/ラストナイト」をおさらい。
 更に、再び男たちのナンバー/M12「地元のヒーローの凱旋パレード」、保坂知寿さん演じるボーランドのデート相手=マーシーとローズのナンバー/M9「ドッグファイト」、そしてドッグファイト会場のナイトクラブで歌われるナンバー/M8a「その顔を見せて」、お馴染みのM4「ヘイ、彼女」……などを固める。

 『ドッグファイト』の振付助手は小嶋亜衣さんである。

 小嶋さんは『ダンス オブ ヴァンパイア』初演(2006年)と再演(2009年)のヴァンパイア・ダンサーのひとりであった。ダンスのことを語る言葉を私が持っていないことがなんとも歯痒いが、小嶋さんのダイナミックでシャープなダンスは今でも眼に焼き付いて離れない。

 スタッフとしての小嶋さんとは『ドッグファイト』が初仕事。お世話になってます。

| | コメント (0)

『TDV』通信

11月15日(日)

 帝劇へ。昼公演の終演後、ダブル・キャストのレベッカ=阿知波悟美さんの舞台稽古。

 『ダンス オブ ヴァンパイア』のダブル・キャストは交互出演が原則なのだが、今回のレベッカは前半/後半に分かれての出演となっている。なので、前半と後半がスイッチするこのタイミングで、改めて舞台稽古なのである。
 阿知波レベッカは休演日明けの明後日、11月17日(火)からの登場である。そして、前半のレベッカ=出雲彩さんは本日が東京千穐楽。出雲さん、お疲れ様でした。

 出雲さんとは2016年1月の大阪公演で再会することができる。大阪公演と名古屋公演ではレベッカも交互出演となるので、2人のレベッカをご堪能いただける。

 まずは阿知波レベッカに会いに帝劇へ!
 そして出雲レベッカに会いに大阪、名古屋へ!

| | コメント (0)

『TDV』通信 ダブルキャスト初日

11月4日(水)

 ダブル・キャストの良知真次さん、舞羽美海さん、そして森山開次さんの初日。

 キャストもスタッフも、そして客席も、周囲が既に初日を済ませている中で迎える「自分だけ初日」である。テンションの持って行き方とか、緊張感との付き合い方とか……、色々と難しいことがあったに違いない。
 特に、良知さんと舞羽さんは今回が初役である。出だしではやや硬いところも見受けられないではなかった。が、ストーリーが進むに連れてその硬さも消え、最終的にはアルフレートとサラをとてものびのびと演じた。

 対して、3度目となる森山さんは「さすが」であった。
 「外は自由(赤いブーツ・シークェンス)」「夜を感じろ」「抑えがたい欲望」「フィナーレ」と、全ての登場場面で圧倒的な存在感と鋭い切れ味を堪能させてくれた。

 カーテン・コールでは伯爵さまが3人をご紹介。客席も舞台裏も、盛大な拍手に包まれた。

 これで『TDV』通信はおしまいである。ご愛読ありがとうございました。
 次は『ドッグファイト』通信。すぐに始まります。

 『ダンス オブ ヴァンパイア』は11月30日まで帝劇にて公演中。終演後のチケット窓口が大変な賑わいだという。良席はどうぞお早めに。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 | 『どんまいマインド』 | 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 | 『イーストウィックの魔女たち』 | 『ウェディング・シンガー』 | 『エキストラ』 | 『エニシング・ゴーズ』 | 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 | 『クールの誕生』 | 『ザ・ヒットパレード』 | 『シスター・アクト』 | 『シラノ』 | 『ジキル&ハイド』 | 『ダンス オブ ヴァンパイア』 | 『ドッグファイト』 | 『ナンシー』 | 『ニューヨークに行きたい‼』 | 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 | 『パイレート・クイーン』 | 『ファースト・デート』 | 『フラガール』 | 『プライベート・ライヴズ』 | 『ミー&マイガール』 | 『メモリーズ』 | 『メリー・ウィドー』 | 『モンテ・クリスト伯』 | 『ラ・カージュ・オ・フォール』 | 『レベッカ』 | 『ワイルドホーン・メロディーズ』 | 『三銃士』 | 『予言』 | 『台所太平記』 | 『王様と私』 | 『田茂神家の一族』 | 『竜馬の妻とその夫と愛人』 | 『貴婦人の訪問』 | 『青猫物語』 | 『風と共に去りぬ』 | 『A Live Ⅱ』 | 『ALive Final』 | 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 | 『I Do! I Do!』 | 『SFF & DFF』 | その他 | アーカイブ | プロフィール・作品リスト | 日記/2006年 | 日記/2007年 | 日記/2008年 | 日記/2009年 | 日記/2010年 | 日記/2011年 | 日記/2012年 | 日記/2013年 | 日記/2014年 | 日記/2015年 | 日記/2016年