カテゴリー「『風と共に去りぬ』」の記事

『風と共に去りぬ』千穐楽 そして『三銃士』通信

7月10日(日)

  6月3日に大阪の梅田芸術劇場メインホールで幕を開けた『風と共に去りぬ』も、本日遂に千穐楽。ご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました。
  そしてキャスト&スタッフの皆さん、お疲れ様でした。この『風と共に去りぬ』は、私にとっても忘れ難い大切な作品の1本となりました。

  10年前、帝劇90周年の年に、私はミュージカル版の『風と共に去りぬ』に係わった。その年(2001年)帝劇では全部で9本の作品が上演されたが、その内の5本はミュージカルでは無かった。
  ここ数年は、帝劇でのストレート・プレイの上演は「年に1本あるか無いか」である。そう言う流れの中で、今回、帝劇でストレート・プレイの新作に係われたのは本当に嬉しかった。
  新しい時代に相応しい新しいストレート・プレイが、今後も帝劇で上演され続けることを願っている。

  さて。

  『三銃士』は今日もオケ合わせ。昨日の続きで2幕の後半を合わせる。その後、オーケストラで通し稽古。
  今日の通し稽古は、このカンパニーの潜在能力の高さをまざまざと見せつけてくれた。決して潤沢とは言えない稽古期間にもかかわらず、『三銃士』は日々確実に進歩、進化している。
  稽古では全体をざっくりと作ることを優先し、細部の工夫は個々のキャストに委ねて来たのだが、その細部が着実に豊かになっているのである。それが何よりも嬉しい。

  明日は稽古場最終日。初日まであと7日である。

| | コメント (1)

『GWTW』通信 東京初日

6月18日(土)

  あいにくの雨模様であったが、大勢のお客様にご来場いただいた。ありがとうございました。

  開演の2時間前に、舞台にて初日のお祓い。キャスト、スタッフ、劇場の関係者が集まり、公演の安全と成功を祈願する。
  初日は17時開演。
  場内が暗くなり、ケルティック・ヴァイオリンの奏でる調べが聞こえてくる。やがて舞台に光が差し込み、タラのオハラ邸で催される園遊会に人々が集まって来る……。

  上演時間は、25分の休憩を挟んで、およそ3時間10分である。
  カーテン・コールでは、初日なので特別に、米倉さん、寺脇さん、紫吹さん、岡田さん、そして高橋さんがご挨拶。ドラマティックな本編とは打って変わって、場内は和やかな空気に包まれた。
  そして、大阪公演に続いてのスタンディング・オベーション。私たちにとっては何よりも嬉しい瞬間であった。
  帝劇の支配人によると、チケットの売れ行きが大変好調だそうである。既に良いお席の残っていない日も多いらしいので、ご観劇予定の方はどうぞお早めのご手配を。

  これで『GWTW』通信はお終いである。ご愛読ありがとうございました。引き続き『三銃士』通信、どうぞよろしくお願いいたします。

 

| | コメント (1)

『GWTW』&『三銃士』通信

6月17日(金)

  帝劇の正面入り口を入ってすぐ右手、8番扉の脇には、初代帝劇のプロセニアム・アーチに掲げられていた「翁」のレリーフと、西園寺公望公の言葉が刻まれた銘板、そして現在の帝劇竣工時に製作されたレリーフが、東宝創業者・小林一三氏の胸像と共に飾られている。
  この一角は、今年3月に開場100周年を迎えた帝劇の長い歴史と格式に思いを馳せることのできる場所となっている。ご来場の際には目を留めて頂ければ幸いである。

  さて、『風と共に去りぬ』は午前中から舞台稽古。

  芝居の中身に問題はないので、主に東京公演から参加するスタッフのための最終調整を目的とした、テキパキと進行する舞台稽古であった。
  大休憩を挟んで、18時30分より通し舞台稽古(ゲネプロ)。大きなトラブルも無く(ささやかなミスはあったが)無事に今日のメニューを終了した。

  それにしても帝劇は何と素敵な劇場なのだろう。
  昨日の道具調べ・照明合わせの最中からデザイナーの皆さんと話していたのだが、客席からの舞台の見え方が、帝劇は抜群に良いのである。しっくり来る、と言うか、落ち着く、と言うか、舞台と客席との関係がとにかく素晴らしい。
  この劇場がどれほどの愛情と熱意を持って建設されたのか、客席に座るだけで、それが伝わって来る。

  で。

  『三銃士』は、2幕にあるリシュリュー枢機卿のナンバーをステージング。但し、今日はリシュリュー卿以外のメンバーで。

  明日はいよいよ『風と共に去りぬ』東京公演初日。お天気が持てば良いのだが。

| | コメント (1)

『GWTW』&『三銃士』通信

6月16日(木)

  今日から3日間、私は『風と共に去りぬ』の人である。悪しからず。

  深夜まで作業しているチームがあれば、早朝より作業を始めるチームもある。今朝は6時から音響チームが仕事を始めていた。
  音響チームの仕事はデリケートである。他のセクションの作業でノイズが出ていたりすると仕事にならない。なので、大抵の場合、早朝作業に回るのは音響チームである。

  さて、午後からは全セクションが参加してのテクニカル・リハーサル(主に場面転換の様々なタイミングをフィックスするためのスタッフ・ワーク)。
  既に大阪で初日を開けているので、演出部さんや照明、音響チームのデータは出来上がっている。が、大道具さんや小道具さんなど、舞台上の物を動かすセクションが東京公演から手変わりする。なので、東京から参加するクルーのために改めてテクリハを。
  夕方からはキャストも参加して、「アトランタを脱出する場面」の舞台稽古。
  この場面は大道具、照明、音響、特殊効果などのチームと俳優の演技の全てが同期しなければならない。なので、本来の舞台稽古に先駆けて、この場面だけの稽古を前もって行うことにしている。
  更に、稽古終了後は2幕の道具調べ・照明合わせ。そして2幕のテクリハ。

  今日も深夜作業が予定されていたのだが、思いの外作業が捗り、深夜には至らなかった。長時間の仕事であったことに違いはないが。

  さて。

  『三銃士』は、今日はミレディのミュージカルナンバーを振り付け。
  1幕の中頃にある「男なんて」と言うナンバーであるが、妖艶、且つダイナミックな瀬奈さんをご覧いただける筈である。お楽しみに。

   『風と共に去りぬ』初日まであと2日。
  今日は帝劇のロビーで米倉さん、寺脇さん、紫吹さん、岡田さん、そして高橋さんの囲み取材が行われていた。扮装した一同の雄姿を、明日の芸能ニュースなどでご覧いただけるだろう。

| | コメント (3)

『三銃士』&『GWTW』通信

6月15日(水)

  午前中は東宝ミュージカルアカデミー、午後は『三銃士』、夜は『風と共に去りぬ』へ。

  『三銃士』はまた新しい場面。1幕半ばにある「ヴォージラール通りにある宿屋の場面」を稽古。
  宿屋と言っても、ここは飲み屋も兼ねている様な所で、どうやらアトス、アラミス、ポルトスの行き付けの店らしい。三銃士の面々が、親しくなったダルタニャンを連れてその店に繰り出すと……。
  この場面はミュージカル・ナンバーで始まり、ミュージカル・ナンバーで終わる。その間にもう1曲ミュージカル・ナンバーがある。今日は一気に3曲ともステージング。3曲とも毛色の違う楽曲で、楽しい。
  その後、10日に手を付けた「ダルタニャンがパリに到着し、アトス、ポルトス、アラミス、そしてコンスタンスと出会う場面」のおさらい。都会の活気や騒々しさを反映させた場面にしたくて少し手直し。

  さて。

  夜は『風と共に去りぬ』の道具調べ・照明合わせに立ち会う。
  1幕の後半に「スカーレットがレットの助けを借りて戦場と化したアトランタを脱出する場面」があるのだが、東京公演ではこのシーンをヴァージョン・アップすることにした。その為の機材も追加投入され、大阪公演以上に見応えのある場面にするべく、スタッフ一同総力をあげて作業に取り組んでいる。ご期待下さい。

  帝劇開場100周年記念公演『風と共に去りぬ』、初日まであと3日。

| | コメント (1)

『三銃士』&『GWTW』通信

6月14日(火)

  まずは1幕のプロローグをおさらい。オープニングを飾る「賑やかで陽気なナンバー」に、更に祝祭的な空気を付け加えたくて粘る。
  続いて、1幕中盤の「アンヌとバッキンガム公が再会する場面」を稽古。アンヌはフランスの王妃であり、バッキンガム公はイギリスの宰相である。この2人が何故パリで出会うのかと言うと……。
  この場面の終わりにはミレディ、アンヌ、そしてコンスタンスの3人が歌うナンバー「愛こそが命」がある(そのことは5月29日の日記にもチラッと記した)。ここでは瀬奈じゅんさん、シルビア・グラブさん、和音美桜さんがとても美しハーモニーを聞かせてくれる。

  更にその後はアクション。
  まず、昨日手を付けたものの途中までで終わっていた「2度目のチャンバラ・シーン」を完成させ、その後、「最初のチャンバラ・シーン」を手直し。初めて立ち稽古を見にいらした指揮の西野淳さんが、しきりに「楽しい!」を連発していらした。
  その通り。『三銃士』は楽しいミュージカルなのである。

  さて。

  『風と共に去りぬ』は本日も終日仕込み作業。『三銃士』の稽古を終えて顔を出すと、舞台には既にタラの赤い大地が姿を現わしていた。
  明日は照明のフォーカシング、そして道具調べ・照明合わせ。初日まであと4日(!)である。

| | コメント (0)

『三銃士』&『GWTW』通信

6月13日(月)

  稽古前に「ミュージカル」誌の取材。『三銃士』の見どころなどについて喋る。

  稽古は、主要登場人物が一堂に会する「ルーブル宮の階段の場面」、それに続く「リシュリュー枢機卿とミレディが密談する場面」、「アンヌがコンスタンスに秘密のお願いをする場面」を作る。
  その後はアクション。昨日途中まで作った「最初のチャンバラ・シーン」を完成させ、更に「2度目のチャンバラ・シーン」に手をつける。
  「最初のチャンバラ・シーン」は、ダルタニャンと三銃士が宿敵ロシュフォール率いる親衛隊と剣を交える、豪快で男臭いアクションである。「2日度目のチャンバラ・シーン」では、それにミレディ、コンスタンス、バッキンガム公、その従者ジェームスが加わる。

  岸祐二さん演じるポルトスは、原作では大食漢で贅沢好きな大柄な男として描かれている。岸さんもそれに合わせて、高カロリーなものを多く取るなどして体重を増やして来たのだそうだが、昨日のアクション・シーンの稽古だけで、体重が2kg落ちてしまったのだそうだ。
  初日にはもっともスリムな銃士になっているかもしれない。

  さて。

  帝劇の舞台では『風と共に去りぬ』の仕込みが始まった。私は放免して貰ったのだが、基本舞台の仕込みが今日は深夜まで続く。
  どうぞ事故のありません様に。

| | コメント (0)

『三銃士』通信 そして『風と共に去りぬ』大阪千穐楽!

6月12日(日)

  「リシュリュー枢機卿が初登場する場面」と、それに続く「ルイ13世とその妃・アンヌがリシュリューと意見交換する場面」を稽古。そして昨日作った「ミレディが帰国する場面」をさらった後、『三銃士』最初のチャンバラ・シーンを作る。
  どんなチャンバラなのかは劇場でご確認いただきたいのだが、僅か2分のシーンの前半(つまり1分程度)を作るのに5時間近くを費やした。
  何故そんなに時間が掛かるのか、と言うと、このシーンが1対1のチャンバラでは無いから、であるが……

  詳細は劇場で。

  ところで、6月4日に開幕した梅田芸術劇場メインホールでの『風と共に去りぬ』が本日無事に千穐楽。ご来場下さった皆さん、本当にありがとうございました。キャスト&スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
  帝劇開場100周年記念公演となる東京公演は6月18日(土)が初日。『三銃士』の前に『風と共に去りぬ』もどうぞよろしく。

| | コメント (0)

『GWTW』通信 大阪初日!

6月3日(金)

 『風と共に去りぬ』、大阪・梅田芸術劇場メインホールでの初日であった。

 梅田芸術劇場は大阪・梅田の茶屋町と言う所にある。
 19年前、この劇場が「劇場飛天」と言う名前で開場した時、周囲は古くからの街区と再開発に向けての更地とがまだらに入り混じった辺鄙な場所であった。現在では「NU茶屋町」や「チャスカ茶屋町」などが完成し、梅田駅から劇場までの道筋も華やいだものになった。
 今回の『風と共に去りぬ』は、私にとっては久々の大劇場でのストレート・プレイである。初日を迎えるまでの作業は、ミュージカルと比べるとかなり楽なのではないか、と想像していたのだが、話はそれほど単純ではなかった。世の中に「楽な仕事」などと言うものはないのだ。

 初日の今日は14時開演であった。
 定刻を2、3分押して場内が暗くなり、オープニングの音楽が流れ出す。21世紀の大阪から19世紀のタラへ、演劇でしか味わうことのできない、時空を超えた大冒険の始まりである。
 途中25分の休憩を挟んで3時間10分、私はスカーレット・オハラと共に笑い、泣き、怒り、恐れ、愛し、そして歯を食いしばって生きた。ラスト・シーンでは、仕事であることを忘れて物語に没入してしまい、ストップ・ウォッチの針を止めるのを忘れてしまった程である。

 何はともあれ、2011年の『風と共に去りぬ』は幕を開けた。今までのどの『風と共に去りぬ』とも違う、新しい『風と共に去りぬ』に仕上がったと自負している。と同時に、今までで一番『風と共に去りぬ』らしい『風と共に去りぬ』になった、とも思う。
 後は千穐楽までとにかく無事で、そして1人でも多くのお客様にご覧いただければ、と切に願う。
 

 今日「ボニー」を演じたのは須見みちるちゃんであった。明日は田邉遥子ちゃんの初日である。
 明日も、今日に劣らぬ素晴らしい『風と共に去りぬ』であります様に。

| | コメント (3)

『GWTW』&『三銃士』通信 まだミニ

6月2日(木)

 午前中より舞台稽古、昨日の続き。夜、通し舞台稽古(ゲネプロ)。明日はいよいよ初日、梅田芸術劇場メインホールにて。素敵な『風と共に去りぬ』に仕上がったと思う。14時開演、お待ちしています。

  『三銃士』は今日も歌稽古。色々な人が登場しているはず。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

『その場しのぎの男たち』 | 『どんまいマインド』 | 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』 | 『イーストウィックの魔女たち』 | 『ウェディング・シンガー』 | 『エキストラ』 | 『エニシング・ゴーズ』 | 『クリエ・ミュージカル・コレクション』 | 『クールの誕生』 | 『ザ・ヒットパレード』 | 『シスター・アクト』 | 『シラノ』 | 『ジキル&ハイド』 | 『ダンス オブ ヴァンパイア』 | 『ドッグファイト』 | 『ナンシー』 | 『ニューヨークに行きたい‼』 | 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』 | 『パイレート・クイーン』 | 『ファースト・デート』 | 『フラガール』 | 『プライベート・ライヴズ』 | 『ミー&マイガール』 | 『メモリーズ』 | 『メリー・ウィドー』 | 『モンテ・クリスト伯』 | 『ラ・カージュ・オ・フォール』 | 『レベッカ』 | 『ワイルドホーン・メロディーズ』 | 『三銃士』 | 『予言』 | 『台所太平記』 | 『王様と私』 | 『田茂神家の一族』 | 『竜馬の妻とその夫と愛人』 | 『貴婦人の訪問』 | 『青猫物語』 | 『風と共に去りぬ』 | 『A Live Ⅱ』 | 『ALive Final』 | 『Chanson de 越路吹雪/ラストダンス』 | 『I Do! I Do!』 | 『SFF & DFF』 | その他 | アーカイブ | プロフィール・作品リスト | 日記/2006年 | 日記/2007年 | 日記/2008年 | 日記/2009年 | 日記/2010年 | 日記/2011年 | 日記/2012年 | 日記/2013年 | 日記/2014年 | 日記/2015年