カテゴリー「日記/2009年」の記事

『パイレート・クイーン』西へ!

12月29日(火)

  大阪に来ている。梅田芸術劇場メインホールである。

  この劇場は、以前は梅田コマ劇場という名前であった。その前は劇場飛天と言った。経営が変わって今の名前になったのである。
  この劇場の杮(こけら)落とし公演は『孤愁の岸』で、私はその舞台監督を務めていた。そのことは以前も記したと思うが、調べてみたら、それは18年も前のことであった。もうふた昔も前のことである。

  さて、『パイレート・クイーン』である。
  梅芸のメインホールは、帝劇に勝るとも劣らない大劇場である。帝劇と異なり1階席にも傾斜があるので、帝劇とはまた違った舞台の見え方である。2階席、3階席ではサイドのバルコニーがかなり舞台近くまで張り出しており、ここからの眺めも帝劇にはなかったものである。
  全体的に、帝劇と比べると舞台が近く感じられる、と言うのが各スタッフの一致した意見であった。

  昨日まではスタッフだけでの作業が続いていたのだが、今日からはキャスト、ミュージシャンが加わって、いよいよ舞台稽古である。明日、明後日と舞台稽古は続き、順調に進めば通し舞台稽古(ゲネプロ)は大晦日である。初日は1月1日で、つまり我々には年末休みも正月休みもないのであった。
  しかしそれは、この仕事をする者にとっては当たり前のことである。むしろ「ありがたい」と言うべきであろう。

  『パイレート・クイーン』大阪公演の初日にはスペシャル・カーテンコールが行われる。その他にも様々なお楽しみが用意されるらしい(詳細はこちら)。

  どうぞ劇場にお運びください。お待ちしています。

| | コメント (2)

『パイレート・クイーン』東京公演千穐楽

12月25日(金)

  『パイレート・クイーン』東京公演が千穐楽を迎えた。

  ご来場下さった皆さん、ありがとうございました。キャスト&スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
  と言っても、お疲れ様なのは東京公演のみのスタッフだけで、引き続き大阪公演も担当するスタッフは、帝劇で撤収、荷出しを終えるや否や梅田芸術劇場へ旅立つことになる。そして年内は大晦日まで作業をし、新年は1月1日に初日を迎える。
  この仕事を始めて既に四半世紀が過ぎたが、元旦初日と言うのは私も初めての経験である。さて、来年はどんな年になるのだろうか。

  皆さんの来年が良い年であります様に。

| | コメント (3)

『パイレート・クイーン』通信/初日

11月28日(土)

  昼過ぎより幾つかの場面を舞台であたり直す。その後、稽古場に移動して全体で最後の確認。解散する前に円陣を組んで気勢を上げる。
  開演2時間前、舞台にて初日のお祓(はら)い。更にワン・シーン舞台であたった後、開場時刻(開演の1時間前)となる。

  開演は17時15分。正確な時計を持っていなかったので定刻だったのかどうか定かではないが、ほぼ時間通りに始まったのではないだろうか。初日の舞台はトラブルや大きな取りこぼしも無く、無事にフィナーレを迎えた。
  今日のカーテン・コールは特別編。アラン・ブーブリルさんとクロード=ミッシェル・シェーンベルクさん、そしてキャロル・リーヴィ・ジョイスさんが舞台に上がられてご挨拶下さった。

  終演後は帝劇客席2階ロビーにて初日のパーティ。会場で『レ・ミゼラブル』の演出家、ジョン・ケアードさんから「あること」を褒めて頂いたのだが、何を褒められたのかは秘密。

  さて、これで『パイレート・クイーン』通信はお終いである。ご愛読ありがとうございました。次は『レベッカ』通信。但し、本格的に始まるのは年が明けてからになる。年内の私は東宝ミュージカルアカデミーのワークショップを担当することになっているのだが、それはここでは触れないつもり。

  それではまた、劇場で。

| | コメント (2)

『パイレート・クイーン』通信

11月27日(金)

  舞台稽古3日目。

  2幕の残りをあたった後、通し舞台稽古(ゲネプロ)。
  大きなミスもトラブルもなく、しかもほぼ予定通りの終了時刻にゲネプロを終えた。どうやら我々の『パイレート・クイーン』号は無事に船出することができそうである。

  明日は初日。良い初日になります様に!

| | コメント (1)

『パイレート・クイーン』通信

11月26日(木)

  舞台稽古2日目。1幕中盤から2幕の中盤までを1日かけてあたる。

  昨日と言い今日と言い、舞台稽古が前もって作られたタイム・テーブルの時間通りに進行していることが関係者内で大きな話題となっている。これは、我々の仕事の中では(特にこの規模の新作を開ける際には)極めて異例なことなのである。
  タイム・テーブルを作ったのも舞台稽古を実際に進行しているのも演出助手の小川美也子さんであるが、今では彼女は「オン・タイム美也子」と畏敬の念を持って呼ばれている。シェーンベルクさんからも「あなたは驚異だ」と言われていた。

  明日もオン・タイムであります様に。

| | コメント (0)

『パイレート・クイーン』通信

11月25日(水)

  午前中はオーケストラと音響チームのみでサウンドチェック。お昼から出演者ありでテクニカル・リハーサル。更にその後、出演者ありのサウンド・チェック。夕方から舞台稽古開始。
  今日のメニューは1幕の前半までであったが、予定時間内に作業を終えることができた。そしてなんと!  今日は全体での深夜作業は無し。難易度の高い素材であるにもかかわらず、である。

  各セクションの奮闘に感謝したい。

| | コメント (0)

『パイレート・クイーン』通信

11月24日(火)

  午前中を音響チームの調整に使ってもらい、道具調べ・照明合わせは昼前から再開。日付が変わった辺りでほぼメニューを消化。その後、舞台転換や照明変化を同期させながら段取るテクニカル・リハーサルを深夜過ぎまで。

  新作の幕を開けると言うのは大変な仕事なのであった。

| | コメント (0)

『パイレート・クイーン』通信

11月23日(月)

  10月21日から立ち稽古を始めてひと月余り。遂に稽古場最終日を迎えた。
  幾つかの修正の後、オケ付き通し稽古の2回目。稽古場でできることはやり終えた。後は舞台に移動してからでないとできない作業を残すのみ。それは時間との戦いでもあるのだが。
  稽古後は劇場に移動して、道具調べ・照明合わせに入る。
  19時にスタートして深夜まで作業するが、まだ1幕の前半。今年は再演ものが多くてつい忘れていたが、新作の幕を開けると言うのは大変な仕事なのであった。

  明日も終日道具調べ・照明合わせ。

| | コメント (0)

『パイレート・クイーン』通信

11月22日(日)

  稽古前に涼風真世さんの衣裳合わせ。稽古後に保坂知寿さんの衣裳合わせ。
  エリザベス、グレイス、それぞれの個性が衣裳にも強く表れていて、その対比が面白い。豪華vs質素、重々しいvs動き易い、ゴージャスvsシンプル・・・・・・、『パイレート・クイーン』は2人の成長の物語でもある。

  稽古はオケ合わせ、昨日の続きから。その後、オーケストラ付き通し稽古。そして駄目出し。
  舞台の方では仕込み作業が順調に進行している。稽古や衣裳合わせが終了する頃には基本舞台が全貌を現わしていた。
  美術デザイナーの松井るみさんと舞台監督の佐藤博さんが吊り物(舞台上空に吊り込まれている大道具類)のタッパを合わせる(吊り物の高さを決める作業)のに付き合った後、日付が変わった辺りで今日のところは劇場を後にした。

  明日以降はそうは行かない筈だからである。

| | コメント (0)

『パイレート・クイーン』通信

11月21日(土)

  稽古前に女性アンサンブルさんたちの衣裳合わせ。そしてオーケストラとの合わせ(オケ合わせ)。

  『パイレート・クイーン』のオーケストラは、Keybord Ⅰ、keybord Ⅱ、Violin、Pipes、Sax/Clarinet、Horn、Harp、Guitars、Bass、Percussion、Drumsの11名編成。Keybord Ⅰに座るのは、音楽監督でもある山口琇也さんである。
  『パイレート・クイーン』の音楽は、『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』と比べると、より素朴でシンプルである。と同時に編成や編曲はより現代的になっている。『レミ』『サイゴン』が志向していたシンフォニックなポップスとは、そもそも方向性が違うのだと思う。
  その音楽性に一刻も早く触れたい方は、ブロードウェイ公演時に製作されたCDが発売されているので、そちらをお聞きになると良いだろう。

  劇場では『パイレート・クイーン』の仕込みが始まっている。と言っても、昨日千穐楽を迎えた『レ・ミゼラブル』の撤去作業が大ごとなので、私が劇場を退出する時点ではまだ殆んど『パイレート・クイーン』は姿を現してはいなかった。

  明日はオケ合わせの続き、そしてオケ付き通し稽古。舞台では『パイレート・クイーン』が全貌を現すだろう。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧