« 『アニー』2024 東京公演千穐楽! | トップページ

訃報 真島茂樹さん

 真島茂樹さんが亡くなった。

 真島さんのオフィシャルサイトを拝見すると、先月もお元気に舞台に立っていらしたご様子で(その舞台をご覧になった方のSNSへの書き込みも目にしていたし)、今月も舞台のご予定があり、この先もいくつもの舞台が決まっている。誰よりも驚いていらっしゃるのはご本人かも知れない。

 真島さんとお付き合いしたのは『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち』(2008年、2012年、2015年、2018年、2022年)と『王様と私』(2012年、2013年、2014年)の2作品で、前者では日本版の振付家とキャスト(ハンブルクのハンナ役)として、後者ではやはり日本版の振付家とプリンシパル・ダンサー(劇中劇「トーマスおじさんの小さな家」でサイモン王を踊られた)としてご一緒した。


 それ以前、私が演出家になる前にも沢山の舞台でご一緒した。森繁久彌さん、西田敏行さん時代の『屋根の上のヴァイオリン弾き』(1986年、1994年、1996年)や、私が舞台監督だった時の『ラ・カージュ・オ・フォール』(1997年)、そしてストレートプレイの『星降る里』(1989年)などである。

 あまりにも急なことで気持ちの整理もつかないが…

 真島さんのことを敢えて一言で言い表せば「愛溢れる人」である。
 真島さんの愛は途方もなく優しく、そしてとてつもなく厳しい愛であった。

 真島さん、これまでのご厚情、心より感謝いたします。

 いつまでもいつまでも踊り続けてくださいね。

|

« 『アニー』2024 東京公演千穐楽! | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アニー』2024 東京公演千穐楽! | トップページ