« 『ジキル&ハイド』 製作発表 | トップページ | 山田和也演出作品 »

『キングダム』Weekly

12月26日(月)

 稽古は怒涛の勢いで進行している。私の演劇人生の中でも最高に怒涛である、と言っても過言ではない。

 ミュージカルの場合、稽古で時間がかかるのはダンスナンバーの振り付けである。大人数が踊る複雑なナンバーだと、1曲を仕上げるのに数日を費やすことも珍しくない。
 『キングダム』にダンスは無いが(ミュージカルではないので)、ダンスナンバー同様に「稽古に時間がかかる」アクションがある。それもふんだんに。

 『キングダム』のアクションをクリエイトしてくださるのは渥美博さんである。
 渥美さんとは今までにも多くの作品でご一緒してきた。このブログでも幾度となくお名前を挙げている。近いところでは『ローマの休日』があり、『キングダム』の後には『ジキルハイド』が控えている。

 『キングダム』では原作のコミックでも、映画版やアニメ版でも、アクションは見せ場のひとつとなっていると思う。私たちの舞台版でもそうでありたい。

 さて。

 今年はどんな1年だったであろうか。演劇界は相変わらずコロナに振り回された1年だった。来年はどんな年になるだろう。

 全ての人が笑顔を絶やすことのない1年でありますように。

|

« 『ジキル&ハイド』 製作発表 | トップページ | 山田和也演出作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ジキル&ハイド』 製作発表 | トップページ | 山田和也演出作品 »