« 2021年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『ローマの休日』通信 大千穐楽 »

『ローマの休日』通信 福岡公演開幕

1月1日(金)

 ミュージカル『ローマの休日』福岡公演が開幕した。

 福岡公演の会場は博多座である。

 博多座は1999年の5月30日に開場した演劇専用劇場である。
 『ローマの休日』は博多座の“こけら落とし公演”の2作品目として同年7月に上演されている(博多座で上演された最初のミュージカル!)。博多座ではそれ以来、22年ぶりの上演となる。

 博多座のTwitterによれば「博多座でミュージカルが上演されるのは丸1年ぶり」であるらしい。ということは『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』以来のミュージカルだろうか。あれからまだ1年……なのだなぁ。

 さて。

 初日の今日は土屋アンと藤森アーヴィングである。

 博多座にはお正月から沢山のお客様がご来場くださった。そしていつものように沢山の拍手をいただいた。
 強力な空調設備のお蔭で吊り物(舞台上に吊られている大道具や幕類など)が若干揺れて、本番中客席でヒヤッとすることが何度かあった。が、大事には至らず、初日はつつがなく終演した。

 カーテン・コールではキャストを代表して土屋さんからご挨拶。何度目かのカーテン・コールからはスタンディング・オベーションであった。
 明日は朝夏アンと太田アーヴィングの初日。朝夏さんからご挨拶がある予定。

 『ローマの休日』福岡公演は1月12日(火)まで。
 最後までどうか無事でありますように。

|

« 2021年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『ローマの休日』通信 大千穐楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2021年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『ローマの休日』通信 大千穐楽 »