« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月の記事

『巌流島』続報

 横浜流星さんが宮本武蔵を、伊藤健太郎さんが佐々木小次郎を演じる舞台『巌流島』。東京公演、名古屋公演、大阪公演の日程が公式HPで発表された。

 こちらからどうぞ。

| | コメント (0)

ミュージカル『ローマの休日』上演決定!

 ミュージカル『ローマの休日』の上演が発表となった。

 ミュージカル『ローマの休日』は、1953年に製作された同名のアメリカ映画を原作とするミュージカルである。東宝が製作したオリジナル・ミュージカルで、1998年の10月に青山劇場で世界初演された。その後、大阪、名古屋、福岡でも上演され、2000年の3~4月に帝国劇場に凱旋した。今回はその時以来の20年振りの上演となる。

 映画のストーリーを基に脚本を書いたのは堀越真さん、ミュージカルの要である音楽は大島ミチルさん、作詞は斉藤由貴さんで、演出の私を含めた4人は今回の上演でもそれぞれを担当する。

 オフィシャルサイトへはこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『TDV』通信 大千穐楽

1月20日(月)

 ミュージカル『ダンス オブ ヴァンパイア』が梅田芸術劇場メインホールで2019/20年ツアーの大千穐楽を迎えた。

 帝劇の初日からふた月半余り。キャスト、オーケストラ、スタッフの皆さん、長丁場の公演お疲れさまでした。そして各地でご来場くださった皆さん、本当にありがとうございました。

 東京の千穐楽の日にウィーン劇場協会の皆さんと会食した時のことである。

 「あなた(山田)は我々(ウィーン劇場協会)の『TDV』を観ましたか」と言う話になり、「もちろん観ました」と答えると「1幕の“赤いブーツのダンス”はありましたか?」と問い返された。
 私は何を聞かれているのかさっぱり分からなかったのだが、よくよく話を聞いてみると、なんと! ウィーンでの初演時には“赤いブーツのダンス”場面は存在しなかったのだという。驚愕の新事実である。

 こんな話も出た。

 「『TDV』はウィーンでも長年に渡って愛され続けている。しかし、だからと言っていつまでも“初演の時のまま”では観客は満足しない。常に“新しいヴァージョン”が求められている。と同時に“以前と同じである”ことも求められるのだ」と。
 今期の日本版『TDV』は、まさに“以前と同じ”ニュー・ヴァージョンであった。

 さて。

 私たちの『TDV』が再び日の目を見ることはあるのだろうか? 今の私にはその答えは分からない。が、あって欲しい、と思う。

 ものすご~く苦労して作り上げたニュー・ヴァージョンなので。

| | コメント (2)

2020年の予定(山田和也演出作品)

アニー
 4月25日~5月11日 東京/新国立劇場 中劇場
 8月13日~18日 大阪/シアター・ドラマシティ
 8月23日 群馬/太田市民会館
 8月28日~30日 名古屋/愛知県芸術劇場 大ホール
 9月5日~6日 富山/オーバード・ホール

ヘアスプレー
 6月14日~28日 東京/東京建物 Brillia Hall
 7月5日~13日 大阪/大阪・梅田芸術劇場 メインホール

巌流島
 7月31日~8月10日 東京/明治座
 8月13日 仙台/東京エレクトロンホール宮城
 8月15日・16日 新潟/新潟テルサ
 8月19日 金沢/本多の森ホール
 8月21日~23日 名古屋/御園座
 8月26日 高松/レクザムホール
 8月28日~30日 大阪/梅田芸術劇場 メインホール
 9月2日~10日 福岡/博多座

ローマの休日
 10月/帝国劇場

オトコ・フタリ
 12月/シアタークリエ

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »