« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月の記事

山田和也演出作品

[東京サンシャインボーイズ公演・演出作品]

1983年  『6ペンスの唄』 池袋とまとハウス
              『プーサン酒場と3つのわくわくする物語』 パモス青芸館
1984年  『48センチの喜劇』 シアター代官山
1994年  『東京サンシャインボーイズの「罠」』 THEATER TOPS、他

 

[それ以降の演出作品]

1995年  『君となら~Nobody Else But You』 PARCO劇場
                『毒薬と老嬢』 東京芸術劇場小ホール2
1996年  『夫婦善哉』 三越劇場
              『少年隊ミュージカル/Playzone ’96 RHYTHM』 青山劇場、他
              『巌流島』 PARCO劇場、他
              『笑の大学』 青山円形劇場、他 ※読売演劇賞最優秀作品賞受賞
1997年  『佐渡島他吉の生涯」』 御園座
              『バイ・マイセルフ』 PARCO劇場
              『君となら~Nobody Else But You ’97』 PARCO劇場、他
              『六十の手習い』 名鉄ホール
1998年  『満ち足りぬ月』 名鉄ホール
              『サウンド・オブ・ミュージック』 日生劇場
              『笑の大学』 PARCO劇場、他
              『きららの指輪たち』 PARCO劇場、他
              『ローマの休日』 青山劇場、劇場飛天 ※菊田一夫演劇賞大賞受賞
1999年  『パパに乾杯』 新国立劇場小劇場、他
              『南太平洋』 青山劇場
              『ローマの休日』 中日劇場、博多座
              『そして誰もいなくなった』 東京グローブ座
              『兵士の物語』 サイトウ・キネン・フェスティバル松本
              『マディソン郡の橋』 アートスフィア、他
              『春朧』 帝国劇場
              『I Do! I Do!』 アートスフィア、他
2000年  『私だって!』 三越劇場
              『ローマの休日』 帝国劇場
              『そして誰もいなくなった』 アートスフィア、他
              『サウンド・オブ・ミュージック』 劇場飛天
              『シェルブールの雨傘』 アートスフィア、他
              『竜馬の妻とその夫と愛人』 本多劇場、他
              『世界中がアイ・ラヴ・ユー』 アートスフィア
2001年  『兵士の物語』 PARCO劇場、他
              『パパに乾杯』 博品館劇場、他
              『ラ・テラス』 PARCO劇場、他
              『マディソン郡の橋』 ACTシアター、他
              『風と共に去りぬ』 帝国劇場
              『ジキル&ハイド』 日生劇場、他
              『蜘蛛の巣』 東京グローブ座
2002年  『チャーリー・ガール』 帝国劇場、梅田コマ劇場
              『鹿鳴館』 ル・テアトル銀座
              『I Do! I Do!』 アートスフィア、他
              『春が来た』 ル・テアトル銀座、他
              『佐渡島他吉の生涯』 明治座
              『検察側の証人』 ル・テアトル銀座、他
              『エデンの南』 青山円形劇場、他
              『風と共に去りぬ』 梅田コマ劇場
2003年  『ジキル&ハイド』 日生劇場
              『シェルブールの雨傘』 グロープ座、他
              『ミー&マイガール』 帝国劇場
              『風と共に去りぬ』 中日劇場、帝国劇場
              『謎の下宿人~サンセット・アパート~』 PARCO劇場、他
              『I Do! I Do!』地方公演のみ
              『シンデレラストーリー』 青山劇場、他
              『I Love You 愛の果ては?』 アートスフィア、他
              『その場しのぎの男たち』 本多劇場、他
              『イーストウィックの魔女たち』 帝国劇場
2004年  『鹿鳴館』 ル・テアトル銀座
              『GOOD』 PARCO劇場、他
              『サウンド・オブ・ミュージック』 博多座
              『浪人街』 青山劇場
              『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー~パパと呼ばないで』 ル・テアトル銀座
              『I Love You愛の果ては?』 PARCO劇場、他
              『虹の橋』 御園座
              『ナイル殺人事件』 ル・テアトル銀座
              『大騒動の小さな家』 新国立劇場中劇場、他
2005年 『I Do! I Do! 結婚物語』 東京芸術劇場中ホール、他
       『メリー・ウィドー』 オーチャード・ホール
       『シンデレラストーリー』 ル・テアトル銀座、他
       『五瓣の椿』 明治座
       『イーストウィックの魔女たち』 博多座
       『好色一代女』 ル・テアトル銀座、他
       『竜馬の妻とその夫と愛人』 紀伊国屋ホール、他
       『ジキル&ハイド』 日生劇場
2006年  『竜馬の妻とその夫と愛人/U-40バージョン』  ザ・スズナリ
                『ハゲレット』  紀伊國屋ホール、他
                『ミー&マイガール』  帝国劇場
                『ダンス  オブ  ヴァンパイア』  帝国劇場
                『プライベート・ライヴズ』 青山円形劇場、他
                『風と共に去りぬ』  博多座
                『竜馬の妻とその夫と愛人』  ニューヨーク/ジャパン・ソサエティ
2007年 『メモリーズ~かつてすごし日々を愛でるということ~』  シアターアプル
                『グッドラック、ハリウッド』 紀伊國屋サザンシアター、他
                『ジキル&ハイド』  日生劇場、他
                創作舞踊劇場『マクベスより「予言」~夢にかける情熱と不安についての物語』 ル・テアトル銀座
                『ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~』  ル・テアトル銀座
                『イーストウィックの魔女たち』  帝国劇場
                『エキストラ』(演出・三谷幸喜/演出補・山田和也) 紀伊國屋サザンシアター、他
2008年  『ウェディング・シンガー』 日生劇場
               『レベッカ』 シアタークリエ
               『イーストウィックの魔女たち』 巡業公演
               『I Do! I Do!』 東池袋あうるすぽっと、他
               『フラガール』 赤坂ACTシアター、他
               恋愛喜劇『青猫物語』 シアタークリエ
               『どんまい マインド』 新国立劇場 小劇場、他
               『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち』 日生劇場、他
2009年  『ザ・ヒットパレード~ショウと私を愛した夫~』 ル・テアトル銀座、他
               ミュージカル『シラノ』 日生劇場、他
               『ミー&マイガール』 帝国劇場、他
               『ダンス オブ ヴァンパイア』 帝国劇場、他
               『パイレート・クイーン』 帝国劇場、他
2010年  『レベッカ』 中日劇場、帝国劇場、梅田芸術劇場
               『ナンシー』 紀伊國屋サザンシアター、他
               『Sing For The Future and Dance For The Future』 シアタークリエ
               『メリー・ウィドー』 日生劇場
2011年  『ウェディング・シンガー』 シアタークリエ、他
               瀬奈じゅんConcert『ALive Ⅱ~Handsome Woman~』 赤坂ACTシアター、NHK大阪ホール
               『風と共に去りぬ』 梅田芸術劇場、帝国劇場
               『三銃士』 帝国劇場、博多座
               『ニューヨークに行きたい!!』 帝国劇場、梅田芸術劇場
               『ダンス オブ ヴァンパイア』 帝国劇場、梅田芸術劇場
2012年  『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち 日生劇場、梅田芸術劇場、愛知県芸術劇場
               『ジキル&ハイド』 日生劇場、梅田芸術劇場、愛知県芸術劇場
               『王様と私』 ゆうぽうとホール、他
               『クールの誕生』 森ノ宮ピロティホール、紀伊國屋ホール、PARCO劇場
               『竜馬の妻とその夫と愛人』 ザ・スズナリ
               『Chanson de 越路吹雪 ラストダンス』 シアタークリエ、他
2013年  ミュージカル『シラノ』 日生劇場、新歌舞伎座
               『ウェディング・シンガー』 シアタークリエ、他
               『ワイルドホーン・メロディーズ』 Bunkamuraオーチャード・ホール
               『王様と私』 東京芸術劇場プレイハウス、他
               瀬奈じゅんConcert『ALive Final~Handsome Woman~』 東京国際フォーラム ホールC、サンケイホール ブリーゼ
               『エニシング・ゴーズ』 帝国劇場、シアターBRAVA!
               『その場しのぎの男たち』 本多劇場、他
               『モンテ・クリスト伯』 日生劇場、他
2014年  『クリエ・ミュージカル・コレクション』 シアタークリエ、他
      『シスター・アクト~天使にラブ・ソングを~』 帝国劇場、他
      『王様と私』 東京国際フォーラム ホールC、他
      『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー~パパと呼ばないで~』 PARCO劇場、他
      『ファースト・デート』 シアタークリエ、サンケイホール ブリーゼ
2015年  『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち』 日生劇場、梅田芸術劇場
      『クリエ・ミュージカル・コレクション Ⅱ』 シアタークリエ、他
      『田茂神家の一族』 福島テルサFTホール、紀伊國屋サザンシアター
      『台所太平記』 明治座
      『貴婦人の訪問~The Visit~』 シアタークリエ、他
      『ダンス オブ ヴァンパイア』 帝国劇場、梅田芸術劇場、愛知県芸術劇場
      『ドッグファイト』 サンケイホール ブリーゼ、シアタークリエ、東海市芸術劇場
2016年  『ジキル&ハイド』 東京国際フォーラム ホールC、梅田芸術劇場メインホール、愛知県芸術劇場大ホール
      『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』 帝国劇場、梅田芸術劇場メインホール
      『貴婦人の訪問~THE VISIT~』 シアター1010、シアタークリエ、他
2017年  『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』 博多座、他
      『田茂神家の一族』 紀伊國屋ホール、他
      『クリエ・ミュージカル・コレクション Ⅲ』 シアタークリエ
      『アニー』 新国立劇場中劇場、他
      『ドッグファイト』サンケイホール ブリーゼ、シアタークリエ
2018年  『ジキル&ハイド』 東京国際フォーラム ホールC、愛知県芸術劇場大ホール、梅田芸術劇場メインホール
      『ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち』 日生劇場、久留米シティプラザ、静岡市清水文化会館 マリナート、梅田芸術劇場メインホール
      『アニー』 新国立劇場中劇場、福岡市民会館、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、新潟テルサ、日本特殊陶業市民会館
      『レベッカ』 シアター1010、刈谷市総合文化センターアイリス大ホール、久留米シティプラザ ザ・グランドホール、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、シアタークリエ
2019年 『アニー』 新国立劇場中劇場、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、まつもと市民芸術館主ホール、東京エレクトロンホール宮城、JMSアステールプラザ大ホール、愛知県芸術劇場大ホール
      『ダンス オブ ヴァンパイア』 帝国劇場、御園座、博多座、梅田芸術劇場メインホール
      『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』 東急シアター・オーブ、オーバード・ホール、静岡市清水文化会館(マリナート)、梅田芸術劇場メインホール、博多座、まつもと市民芸術館主ホール

|

ミュージカル『アニー』2020 制作発表

12月9日(月)

 日本テレビへ。丸美屋食品ミュージカルアニーの2020年版の制作発表。

 日本テレビ主催のミュージカル『アニー』は2020年の上演で35周年を迎える。その35年を振り返る3分半の映像が流され、『アニー』が特別な作品であることを強く印象付けていた。

 今日の制作発表ではアニー役の荒井美虹さん&徳山しずくさんに加えて、ウォーバックス役の藤本隆宏さん、ハニガン役のマルシアさん、グレース役の蒼乃夕姫さん、ルースター役の栗山航さん、リリー役の河西智美さんも登壇された。もちろん全員扮装で、である。
 藤本さんは4年連続の出演で、蒼乃さんは今年に続いての出演、栗山さんと河西さんは今回が初出演、そしてマルシアさんは3年振りのカムバックとなる。

 制作発表には日本テレビ主催『アニー』の初代演出家である篠崎光正さんもご参加くださり、初演の頃の裏話などを聞かせてくださった。出番を待つ間も舞台裏で色々な話を聞かせていただくことができて何よりも嬉しかった。
 そして公式サイトでは全キャストが発表になっている。(それはこちら)そちらも覗いてみてください。

 2020年の『アニー』は4月25日(土)から5月11日(月)日まで、東京・初台の新国立劇場 中劇場で上演される。夏には恒例の全国ツアーも行われるので、どうぞお楽しみに。

 あ、その前にクリスマスコンサート2019

| | コメント (0)

『巌流島』上演決定!

 『巌流島』の上演が発表になった。

 マキノノゾミさんの書下ろし新作で、宮本武蔵役は横浜流星さん、佐々木小次郎役は伊藤健太郎さんである。

 第1報はこちらからどうぞ。

| | コメント (0)

『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』東京千穐楽

12月8日(日)

 11月15日に開幕した『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』東京公演が千穐楽を迎えた。
 ご来場・ご声援くださった皆さん、ありがとうございました。キャスト、オーケストラ、スタッフほか、関係者の皆さん、お疲れさまでした。

 今日も客席は大変な盛り上がりであった。キャストの何人もが「拍手と歓声で自分の声が聞こえない」と漏らした。嬉しい悲鳴である。
 カーテン・コールではキャストを代表して朝夏まなとさんがご挨拶(森公美子さんと今拓哉さんは一足先に昨日千穐楽を終えている)。ご挨拶の後も、お客様は何度も何度もキャストを舞台に呼び戻してくださった。

 終演後は舞台裏で手締め。これから先の全国ツアーの無事を祈る。そして田中プロデューサーの「撤収!」の声を汐にキャストたちは楽屋へ引き揚げ、舞台ではクイーン・オブ・エンジェルス教会の解体作業が始まった。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の全国ツアーは、富山を皮切りに静岡、大阪、名古屋、福岡、長野へと赴く。富山での会場はオーバード・ホール。公演は12月14日(土)と15日(日)の2日間である。

 そして『天使にラブ・ソングを…~シスター・アクト~』の来日公演が来夏に行われることも発表された(そのニュースはこちら)。

 私たちの日本版も来日版も、どちらも末永く上演され続けますように。

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »