« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

『シスター・アクト』通信

10月8日(火)

 立ち稽古。1幕8場「警察署」と9場「路上」。

 ストーリーの冒頭でデロリスが目撃した“殺人事件”の容疑者としてカーティスが連行されている。が、証拠不十分で保釈になる。
 しかし、カーティスと子分たち=TJ、ジョーイ、パブロは「なぜカーティスが引っ張られたのか」が分からず気が気でない。エディ・サウザー巡査が言っていた「こっちには証人がいるんだ」という捨て台詞も気がかりである。
 「カーティスをぶち込むのに十分な、確かな証言」をする証人とは……?

 というのが1幕8場。ここにはカーティスと子分たちのナンバー「あいつを見つけたら」がある。ナンバーの中で4人は警察を出て、舞台はフィラデルフィアの路上へと変わる。それが9場である。

 稽古はまず8場の芝居部分から。芝居部分の整理がついたところで「あいつを見つけたら」の振り付けへ。『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の振付は田井中智子さんと大澄賢也さん。共作ではなくお2人で分担していただいているのだが、このナンバーは田井中さんの担当である。
 続投するキャストの大澄さん、泉見さん、KENTAROさんは“少しずつ思い出しながら”、新キャストの今さんと林さんは“少しずつ覚えながら”振り付け。いい感じの“チーム・カーティス”が出来上がりつつある。

 稽古の後半は朝夏まなとさんの歌稽古。

 朝夏さんは森公美子さんとダブル・キャストで主人公の“売れないシンガー”デロリス・ヴァン・カルティエを演じる。森さんは『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』には初演からの出演であるが、朝夏さんは今回が初出演。朝夏さんの前には瀬奈じゅんさん(初演)と蘭寿とむさん(再演)がデロリスを演じている。
 デロリスはほとんどの場面に登場し、それに比例してミュージカル・ナンバーの数も膨大である。明日以降の稽古に備えてミュージカル・ナンバーをひと通りおさらい。

|

« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »