« 垣ケ原美枝さん | トップページ | 『アニー』2019通信/夏! »

マーティン・チャーニンさん そしてジャニーさん

 マーティン・チャーニンさんが亡くなった。

 チャーニンさんはブロードウェイ・ミュージカル『アニー』の作詞家であり、ブロードウェイ初演の演出家でもある(その後、何回かの再演でも)。そもそも、新聞連載コミックであった原作をミュージカルにすることを思い立ったのがチャーニンさんである。一昨年の夏、『アニー』の脚本を書いたトーマス・ミーハンさんが亡くなったのに続いて旅立たれた。

 日本版『アニー』の公式ページにも氏の訃報が載っている。そちらでは日本のアニーたちと写った写真を見ることができる(こちらからどうぞ)。

 そしてジャニー喜多川さんの訃報が届いた。

 ジャニーさんとは1度だけ、少年隊ミュージカル『Playzone '96/RYTHM』でご一緒した。ジャニーさんは、まだ右も左も分からない駆け出しの演出家であった私に、大舞台を演出する貴重な機会を与えてくださった。20年以上も前のことである。その時の「日本のショー・ビジネスの開拓者の傍でショーを作る」経験は、私の掛け替えのない財産である。

 お2人のご冥福をお祈りいたします。

|

« 垣ケ原美枝さん | トップページ | 『アニー』2019通信/夏! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 垣ケ原美枝さん | トップページ | 『アニー』2019通信/夏! »