« 2019年の『アニー』 | トップページ | 『TDV』ニュース! »

『レベッカ』大千穐楽

2月5日(火)

 ミュージカル『レベッカ』がシアタークリエで千穐楽を迎えた。

 キャスト、オーケストラ、スタッフの皆さんお疲れ様でした。ご来場、ご声援くださった皆さん、心より御礼申し上げます。

 ウィーンのライムント劇場で『レベッカ』を観たのは2006年12月9日のことであった。初演は同年の9月28日だったので、そのふたつき後には早くも観劇していたことになる。
 日本初演のオープニングはその1年4か月後、2008年の4月6日であった。それから既に11年近い年月が流れた。

 長期に渡ってひとつの作品に取り組むことができるのは、作り手にとってはこの上ない幸せである。私の場合『ジキルハイド』『ダンス オブ ヴァンパイア』『ラ・カージュ・オ・フォールがそんな幸せな作品であった。

 そこに今回『レベッカ』が加わった。今回ご覧いただいたのは8年間寝かせた『レベッカ』である。

 次の『レベッカ』があるのか、ないのか。それは今は分からない。が、あって欲しいと願っている。少なくともシアタークリエの50周年では是非とも取り上げていただきたい。その時は40年物の『レベッカ』である。

 豊潤でないわけが無い。

|

« 2019年の『アニー』 | トップページ | 『TDV』ニュース! »

コメント

大千穐楽おめでとうございます㊗️

初演から大好きな作品…再々演までの8年間 長かった。
色んなアンケートに「再演希望」と
書いてきて良かった!
次はもう少し早い再再々演をお願いしたいです。
出来れば、このキャストのままで♪

キャストそれぞれの力量が最大限に発揮された舞台、
色々な角度から読み深める事の出来る作品は貴重です。
観劇後の満足度が高く何度も通いたくなる作品。
素晴らしい舞台をありがとうございました。

投稿: 岡山のくま | 2019年2月 6日 (水) 10時32分

今回初めてレベッカという作品を観劇する機会を得ました。
以前から大塚ちひろさんと山口さんの声の相性や大塚さんの優しさに溢れた歌声に魅了されていましたが、大塚さんもダブルダンヴァース夫人も本当に素晴らしく、片時も目が離せない、贅沢な作品でした。アンサンブルの皆さんの安心感のある歌声と演技、彼らが作り出す緊張感に満ちたも良かったです。
個人的には、大好きなダウントンアビーのどこがどんなふうに取り入れられているのかしら?執事は誰?フットマンは?と想像するのも楽しかったです。
近々、同じキャストでの再演が有りますように。また大塚さんの慈愛に満ちた「わたし」に出会えますように。
よろしくお願いします。

投稿: 神奈川のねずみ | 2019年2月 8日 (金) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年の『アニー』 | トップページ | 『TDV』ニュース! »