« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

『レベッカ』通信

10月31日(水)

 今日は2つの稽古場に分かれて稽古。

 広い稽古場では「今宵 マンダレイで」と「アメリカン・ウーマン」のブラッシュ・アップ。狭い方では1幕11場と12場を作る。広い方は桜木さんの担当で、私は狭い方の担当。

 1幕11場は「ボートハウス」。
 マンダレイの小さな入り江を臨む海岸にひっそりと佇む、人気(ひとけ)のないボートハウス。その近くで、“ベン”と名乗る男(tekkanさん)が貝殻を集めていた……。

 1幕12場は「クロウリーのオフィス」。
 マンダレイの管理人=フランク・クロウリーの仕事場である。そこは、彼らの雇い主たち(マキシムやレベッカやベアトリスやジャイルズ……)が顔を出すような場所ではない。そこへひょっこりと現れたのは……。

 その後、広い稽古場に戻って1幕14場を作る。

 1幕14場は「化粧部屋」。
 13場に続く、仮装舞踏会当日の場面である。舞踏会の主催者である「わたし」がどんな“仮装”に身を包んで現れるのか。それは招待客たちはだけでなく、マキシムにも伏せられていた。
 化粧部屋では「わたし」がメイドのクラリスの手を借りて支度の真っ最中。お披露目の時間は刻一刻と迫って……。ここで歌われるのは「夢の主役」である。

 今回、改めて台本を読み返してみて、8年前とは違った“読み方”ができる部分が少なからず存在することに気づく。8年前を共に過ごしたキャストたちの“読み方”も、8年前と現在とでは異なるだろう。
 そして今回から参加する皆さんの“新鮮な”読み方。それらが合わさって、きっと『レベッカ』は生まれ変わるに違いない。

 立ち稽古開始から10日余り。既に1幕のほとんどに手を付けた。そしてつくづく感じるのは……

 『レベッカ』は本当に面白い。

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »