« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

『レベッカ』通信

11月5日(月)

 2幕2場、3場ab、4場を作る。

 2場は(コーンウォールの!)「海岸」である。
 ここは大勢の人物が登場する場面。ミュージカル・ナンバーは「流れ着いたもの」があり、桜木さんが驚異的なスピードで一気呵成にステージング。

 3場aは再び「ボートハウス」。連続する3場bは「告白」である。
 ……あれ? なぜ3場bは「告白」なのだろうか? 他の場面は「なんとかルーム」や「なになに部屋」のように“場所”なのに……?

 それはともかく、ストーリー上、ここは極めて重要なことが語られる場面である。登場人物は3場aの冒頭にベンがちょこっと姿を見せる以外は「わたし」とマキシムの2人きりである。
 稽古では、3人の「わたし」が“この場面で起こっていること”や“表現しなければならないこと”をしっかりとキャッチできるように、 いつも以上に時間をかけてじっくりと確認。
 「ほとんど1人で歌っている」「×(かける)3」のマキシム様、どうぞお疲れが出ませんように。

 そして4場は「ブレックファスト・ルーム」。
 ここには「わたし」とベアトリスのナンバー「女は強くなる」がある。これは、ウィーンではとても人気のあるナンバーであるらしい。

 ブレックファスト(朝食)のルームがあると言うことは、マンダレイにはランチ・ルームやアフタヌーンティ・ルームもある――と言うことなのか?

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »