« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

『レベッカ』通信

11月24日(土)

 オケ付き通し、2回目。その前にカーテン・コールを作る(末永君が)

 新生『レベッカ』は、通し稽古を重ねる毎に“安定感”を増している。
 舞台作品で大切なことのひとつは、「“再現性”を備えていなければならない」と言うことである。観劇するたびに“やっていること”が異なっていたり“仕上がり”にばらつきがあったりすることは、舞台の世界ではあまり「いいこと」とはされていない。

 舞台の世界では、同じクォリティの公演を、新鮮さを維持しながら繰り返せることが望ましい。が、それは容易なことではない。
 なので、『レベッカ』が「通し稽古を重ねる毎に安定度を増している」のは、実にいい傾向なのである。

 明日はオケ付き通し、3回目。そして稽古場最終日である。

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »