« 『レベッカ』通信 | トップページ | ミュージカル・アカデミー »

『レベッカ』通信

10月13日(土)

 『レベッカ』は、イギリスの小説家ダフネ・デュ・モーリアの同名の小説を原作とするミュージカルである。
 脚本・作詞はミヒャエル・クンツェさん、音楽はシルヴェスター・リーヴァイさんで、2006年9月にウィーンのライムント劇場で世界初演された。お2人による『エリザベート』『モーツァルト!』『マリー・アントワネット』『レディ・ベス』と並ぶ“人名をタイトルにした”ミュージカルの1本である。
 小説が発表されたのは1938年で、1940年にはハリウッドで映画化もされている。サスペンス映画の巨匠と呼ばれたアルフレッド・ヒッチコックが監督し、第13回アカデミー賞で作品賞を獲得した。そちらをご存知の方もいらっしゃるだろう。

 ミュージカル版『レベッカ』の日本初演は2008年4月。シアタークリエのオープニング・シリーズ第3弾として6月まで上演された。再演は2010年の3月から6月にかけて、名古屋(中日劇場)、東京(帝国劇場)、大阪(梅田芸術劇場メインホール)の3都市で行われた。
 今回は8年ぶり、3度目の上演である。シアタークリエ開場10周年記念ラインナップ”のラストを飾る1本である。

 さて。

 本日も歌稽古。まず3人の「わたし」のひとり、大塚千弘さんが登場。

 大塚さんは『レベッカ』の初演と再演でも「わたし」を演じている(当時は「大塚ちひろ」さん)。シングル・キャストだったので、少なくとも200回は「わたし」を演じているはずである。
 初演から10年が経ち、その間に色々な経験を積んだ大塚さんが、今回どんな「わたし」を見せてくれるだろう。

 続いて、もうひとりの「わたし」、平野綾さんが登場。

 平野さんは『レベッカ』初参加である。が、『レ・ミゼラブル』『レディ・ベス』『モーツァルト!』『ブロードウェイと銃弾』など、近年は大作ミュージカルに次々と出演していらっしゃるので、今回の「わたし」も大いに楽しみである。

 2人の「わたし」の稽古後はコーラスの稽古。今日も8時間に迫る濃密な稽古であった。
 歌唱指導のお2人と稽古ピアニストの皆さん(今日から中條純子さんが加わった!)、本日もお疲れ様でした。

 歌稽古と並行して音響打ち合わせ。音響デザイナーは(リーヴァイさんが名前で呼んでくれない、とこぼす)山本浩一さんである。

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | ミュージカル・アカデミー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レベッカ』通信 | トップページ | ミュージカル・アカデミー »