« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

『レベッカ』通信

10月29日(月)

 立ち稽古。1幕8場と10場を作る。

 1幕8場は「ベアトリスの家」。

 原作の小説によれば、マキシムの姉=ベアトリスとマキシムとの間には、それほど頻繁に交流はないようだ。彼女(と、その夫=ジャイルズ)の住む家はマンダレイから50マイル(80Kmくらい)ほど離れている――とも書かれている。
 そのベアトリスに、マンダレイの「わたし」から電話がかかってきた……。

 10場は「ゴルフクラブ」。

 英国の上流階級の紳士淑女がゴルフに興じている。クラブの名前は“ケリス・カントリー・クラブ”。ケリス(Kerris)は、イギリスの西コーンウォール地方に実在する土地である。マンダレイの最寄りの街がケリス――と言う設定が原作にはある。
 紳士淑女の話題の中心は、近々マンダレイで開催される“仮装舞踏会”である。レベッカの存命中、マンダレイでは毎年のように仮装舞踏会が開かれ、ヨーロッパ中から大勢のセレブリティが集まった。
 その大イベントが、いま再びマンダレイで開かれようとしている……。

 8場にはベアトリスの歌うナンバー「何を悩む」があり、10場にはジュリアン大佐(今拓哉さん)、ジャイルズ、そして紳士淑女たちのナンバー「ブリティッシュ・クラブ」がある。

 さて。

 稽古は、今のところ至って順調である。なぜそう思うかと言うと、演出助手の末永さんに「順調だよね?」と尋ねたら「まあ、そうですね」的なことを答えてくれたからである。

 手ごたえは悪くない(と思う)

|

« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『レベッカ』通信 | トップページ | 『レベッカ』通信 »