« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 »

『アニー』2018通信

4月16日(月)

 新国立劇場中劇場へ。

 今日、明日は稽古は休み。稽古場は昨日の内に撤収され、今日は朝から劇場で搬入、仕込みである。

 『アニー』の舞台美術デザイナーは二村周作さんである。新国立劇場中劇場の奥行きと高さを生かした、ゴージャスで機能的なセットをデザインしてくださった。

 このセットは夏のツアーにも対応できるように作られている。
 昨年のツアーでは大阪(シアター・ドラマシティ)、仙台(東京エレクトロンホール宮城)、名古屋(愛知県芸術劇場大ホール)、上田(サントミューゼ大ホール)で上演されたし、今年の夏は福岡(福岡市民会館)、大阪(シアター・ドラマシティ)、新潟(新潟テルサ)、名古屋(日本特殊陶業市民会館フォレストホール)を回る。

 どの会場でも上演できるように配慮されているセットではあるのだが、もっともプロポーションが良く見えるのは、やはりここ=新国立劇場中劇場だと思う。

 どうぞ初台へ。

|

« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 »