« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 初日! »

『アニー』2018通信

4月20日(金)

 カーテン・コールの場当たりを済ませた後、ゲネプロ。

 「ゲネプロ」とは、演劇用語で「最終舞台稽古」のことを言う。
 全てを本番通りに行う、初日前最後の稽古をそのように称するのだが、ゲネプロが本番と違うのは“観客がいないこと”と“観客の代わりに我々クリエイティブ・チームが客席に座っていること”くらいである(観客の反応を知るために“模擬的な観客”を入れるケースはある)。

 ゲネプロは、ドイツ語のゲネラルプローベ(Generalprobe)の略語である。単に「ゲネ」と言ったり、「GP」と省略されたりもするが、恐らくはそのままではドイツでは通じない“和製”の演劇用語だと思われる(ドイツ演劇に明るい方、ご教示くださいませ)。

  それはともかく、今日はゲネプロ2回である。

 チーム・バケツとチーム・モップ、それぞれ1回ずつなので、シングル・キャストである大人たち、そしてオーケストラの皆さん、スタッフの皆さんは2回公演なのであった。
 1回目と2回目のGPの間には囲み取材が行われ、藤本隆宏さん、辺見えみりさん、そしてアニーの2人=新井夢乃さんと宮城弥榮さんが扮装で登場した。

 その様子やゲネプロのスチール写真などは既にネットにUPされている。「アニー」や「丸美屋食品ミュージカル」などで検索してみてください。

 さて。

 明日は初日。チーム・バケツが13時開演、チーム・モップが17時開演である。

|

« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 初日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アニー』2018通信 | トップページ | 『アニー』2018通信 初日! »