« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月15日(木)

 2幕3場B、2幕5場、2幕6場を稽古。

 3場Bは「嘘の仮面/リプライズ2」。昨日稽古した「罪な遊戯」から繋がるナンバーである。
 ここは“ちょっと異質な”場面だと思っている。登場するのはロンドンの市民たちだが、いつもの彼らとはちょっと様子が違って見える。もしかしたら、ここはストーリーの中ではないのかもしれない。

 5場は「“どん底”の上階にあるルーシーの部屋」。
 ルーシーの元をある人物が訪ねてくる。その人物はルーシーに「急いでこの街を出るように」忠告すると、ジキルから託された手紙を渡して去る。手紙を読んだルーシーから生きる希望が溢れ出て(「新たな生活」)……。

 そして6場。
 ここにあるのはミュージカル・ナンバー「対決」である。ヘンリー・ジキルとエドワード・ハイドの2人が文字通り対決する。

 昨日も記したが、この前後は畳み掛けるように物語が進む。重要なナンバーも次々と歌われ、正に見せ場の連続である。
 キャストも“あれ”や“これ”など、色々なことを消化しなければならないし、スタッフサイドも総がかりで“それ”を支えている。

 翻訳ミュージカルのマイルストーンである2016年の『ジキルハイド』を凌ぐべく、あらゆる部分でブラッシュ・アップ作業が続く。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »