« 『アニー』通信/2017夏 | トップページ | 『アニー』通信 2017年大千穐楽 そして2018年 »

『アニー』通信/2017夏 名古屋初日

8月25日(金)

 名古屋公演初日。

 名古屋も初日から2回公演で、午前の部が11時開演、午後の部が15時30分開演である。
 会場の愛知県芸術劇場大ホールは、本格的なオペラの上演を想定した設備を備えている。そのため、オーケストラ・ピットも今までの会場に比べて格段に広い。通常のピットが新幹線の普通席程度の人口密度だとすると、ここはグランクラスか、それ以上である。
 そして、音の響きがまた良い。オーケストラのメンバーもおっしゃっていたが、この会場の響きはひときわ豪華でリッチである。

 ダブル・キャストは、午前が“里桜アニー&花奈モリー”で、午後が“百花アニー&貴空モリー”である。共演する“チーム・バケツ”の面々も、すでに仙台を経験済みだからか、いい感じに落ち着いている。
 最年長孤児のダフィを演じる宍野凛々子さんだけは、相変わらず「緊張する」と呟いていたが。

 さて。

 名古屋公演は27日(日)まで。残りはあと2日である。どうぞお見逃しなく!

|

« 『アニー』通信/2017夏 | トップページ | 『アニー』通信 2017年大千穐楽 そして2018年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『アニー』通信/2017夏 | トップページ | 『アニー』通信 2017年大千穐楽 そして2018年 »