« 『アニー』通信 | トップページ | 菊田一夫演劇賞 そして『アニー』通信 »

『アニー』通信

4月2日(日)

 私たちの『アニー』に登場する犬の“サンディ”は、オールド・イングリッシュ・シープドッグと言う種類の犬である。

 オールド・イングリッシュ・シープドッグは、その名の通りイギリス原産の牧羊犬だそうである。賢く、性格は穏やかで甘えん坊だ、と言わているそうだが、稽古場のサンディを見ていると全くその通りだと思う。

 “アニー”と“サンディ”をネットで検索してみると、“様々な種類の犬を連れた赤毛の女の子”の画像が見つかるだろう。実は、サンディの犬種はオールド・イングリッシュ・シープドッグと決まっているわけではないのである。
 そのことは『アニー』の公式ページでも触れられていて、「HIGHLIGHT/見どころ」ページの中の「♪日本でのミュージカル『アニー』」と言うトピックに、“1986年の初演時に犬種も決められた”と記されている(そのページはこちら)。
 原作のコミックの中でも犬種は特定されていないようで、映画や舞台版の映像などを見ても、色々な種類の犬が登場している。

 サンディは稽古場でも人気者である。サンディが顔を出すと、その周りには大人、子供の分け隔てなく、人の輪ができる。

 ショー・ビジネスの世界では、昔から「子供と動物には勝てない」と言われているが……

 本当ですねえ。

|

« 『アニー』通信 | トップページ | 菊田一夫演劇賞 そして『アニー』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『アニー』通信 | トップページ | 菊田一夫演劇賞 そして『アニー』通信 »