« 山田和也演出作品 | トップページ | 『アニー』通信 »

『アニー』通信

4月1日(土)

 新年度である。都内では桜も“いよいよ”という感じになってきた。……なのに寒い。

 稽古は昨日に続いて1幕のおさらい。

 1巡目の稽古で積み残した箇所や詰め切れなかった部分を、1場面ずつ潰して行く。
 キャストの皆さんも、全体像が見えた上での2巡目なので、遥かに落ち着いているし、キャラクターも格段に立ってきた。孤児たちやサンディも、そもそも自由な感じだったものが、その自由度を増している。

 そしてアニーの2人。野村里桜(のむら りお)さんと会百花(かい ももか)さんは実に頼もしい。

 アニー役は、歌って、踊って、笑って、怒って、泣いて、サンディを動かして……と、やらなければならないことがとにかく膨大である。しかも、新作の初演の稽古場なので、稽古している時間も待ち時間も決して短くはない。
 にもかかわらず、2人はいつも前向きで、素直で、私たちが発する無理難題に何度でもつき合ってくれる。そのひた向きさや大らかさに、私たちも励まされたり、勇気づけられたり……である。

 明日も1幕のおさらい。

|

« 山田和也演出作品 | トップページ | 『アニー』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山田和也演出作品 | トップページ | 『アニー』通信 »