« 2017年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『シスター・アクト』通信 筑前からこんにちは編(仮) »

『シスター・アクト』通信 博多座からおめでとう編(仮)

1月4日(水)

 新年おめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 で。

 博多座に来ている。

 『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の仕込み作業は既に2日から始まっている。帝劇同様のフル飾り、オケピットのブリッジもめでたく復活である。
 今日は夕方から道具調べ・照明合わせ。それに向けて仕込み作業の続きと照明のフォーカス合わせ。並行してオケ周りのセッティングや音響チームの作業などなど。楽屋周りの衣裳チームやヘア・メイクチームも明日からの舞台稽古に向けて準備に余念がない。

 博多座の客席に座って『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』の舞台を眺めてみると、とても収まりがいい……と言うか、なんだかしっくりくる。
 見え方は帝劇とは確かに異なるのだが、これはこれで“いい”のである。『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』同様に帝劇からやって来た『ダンス オブ ヴァンパイア』『三銃士』などの時もそうであった。この“安心感”の正体は一体何だろう?

 道具調べ・照明合わせは長時間に及んだ。お付き合いくださったスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

|

« 2017年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『シスター・アクト』通信 筑前からこんにちは編(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2017年の予定(山田和也演出作品) | トップページ | 『シスター・アクト』通信 筑前からこんにちは編(仮) »