« 『シスター・アクト』通信 | トップページ | 『シスター・アクト』通信 »

『シスター・アクト』通信

5月15日(日)

 オケ合わせ、3日目。

 昨日の後半と同様に“リズム隊のみ、マイク無し”でダンス・ナンバーを合わせる。その後、オケ付き通し稽古。

 帝劇では『1789 バスティーユの恋人たち』が本日千穐楽。その終演を待って――ワイヤレス・マイクを装着して――いよいよオーケストラでの通し稽古である。
 今日のキャストは蘭寿デロリスと石川カーティス。幕開きからラスト・シーンまで、とても快調に進行し、幕間も終了後も、稽古場にはとてもいい空気感が漂っていた。

 稽古を終えて稽古場を出ようとする時、演出部の石川さんが近づいて来て、「今日はとても感動しました」とおっしゃった。
 石川さんは私より少し先輩なので、付き合いは四半世紀を超えている。身内と言えばもちろんそうなのだが、“信頼している身内”の言葉には、私は大いに勇気づけられる。

 楽屋口を出る前に寄り道をして舞台を覗いてみると、『1789』のセットは粗方片付けられ、入れ代わる様に『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』のセットが搬入されていた。

 明日は稽古場最終日。

|

« 『シスター・アクト』通信 | トップページ | 『シスター・アクト』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シスター・アクト』通信 | トップページ | 『シスター・アクト』通信 »