« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月10日(水)

 1幕8場(A)と1幕9場を作る。その後、1幕を頭よりおさらい。

 8場(A)が「ジキルの書斎」であることは昨日記した。ここにはミュージカル・ナンバー「仕事をするだけ」と「同情、愛情」がある。
 ジキルは、婚約披露パーティの夜以降、変わってしまった。研究室に籠り、誰とも会おうとしない。親友のアターソンや、婚約者のエマとさえも……。

 9場は「“どん底”近くの汚らしい通り」。
 セント・ジュード病院の理事のひとりであるベイジングストーク大司教が、売春婦とのお楽しみを終えてやってくる。と、どこからともなく不穏な笑い声が聞こえてきて……。
 ここは1幕の幕切れとなる重要な場面である。このシーンをクリエイトしてくださるのは、このブログではお馴染み、アクション・ディレクターの渥美博さんである。

 一体どんなシーンなのか……にはここでは触れないので、未見の方はどうぞ劇場で。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »