« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月9日(火)

 1幕7場(「生きている」)をおさらい(予定時刻より早く形になったので「嘘の仮面」もおさらい)。その後、1幕8場(B)を作る。

 1幕8場(B)は「ロンドンの通り」である。
 (B)があると言うことは(A)もあるわけで、(A)は「ジキルの書斎」である。が、(A)は明日のメニューなので、今日の所は(B)を稽古。

 ジキルの屋敷が建つのは、ロンドンのハーレー・ストリート46番地。ハーレー・ストリートは、リージェント・パークのすぐ南側を南北に走る通り(ストリート)である。
 この地区も貴族が多く住んだ高級住宅街であった。そしてハーレー・ストリートには、貴族たちを相手とする一流の医院が集まっていた(現在でもそうらしい)。ジキルの医院も上流階級を相手にしていることが、その住所から窺い知れるのである。

 で、1幕8場(B)であるが、ここでは“ジキルの屋敷を訪れていたルーシーが屋敷を出て、〈ロンドンの通り〉を歩き、自分の暮らす街=カムデン・タウンに辿り着くまで”が描かれる。
 この場面も丸ごとがミュージカル・ナンバーで、ここで歌われるのはルーシーのナンバー「あんなひとが」である。このナンバーもコンサートやライヴで歌われることの多い楽曲であるが、ここではオリジナルの「あんなひとが」をご堪能いただきたい。

 稽古後は公演プログラム向けの対談。誰との対談だったのかは公演プログラムで。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »