« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月5日(金)

 立ち稽古。1幕4場をおさらい。その後、1幕5場に手を着ける。

 5場が「売春宿“どん底”の前と店内」であることと、“どん底”がカムデン・タウンにあることは一昨日のブログに記した。
 ロンドンの地図でカムデン・タウンを探すと、そのすぐ左下にリージェント(ツ)・パークが見つかるだろう。ダンヴァース邸などが建つ高級住宅地と、「暗くて陰気なスラム街」(台本より)とが目と鼻の先、「表」と「裏」の関係に位置しているのである。

 で、5場だが、ここは2つのシーンに分かれている。
 前半は“どん底”前の通り。ここでは、4場までの「貴族たちの世界」とは打って変わって、底辺の人々の「生き地獄の様な暮らし」を目撃することになる(「嘘の仮面/リプライズ1」)。
 後半は“どん底”の店内。ここではミュージカル・ナンバー「連れてきて」が歌い踊られ、ジキルとルーシーが出会い、そしてジキルは密かに“ある決意”を固める……。

 連日、やや長時間の稽古となっている。
 今回の『ジキルハイド』は再演である。なのに稽古に時間が掛かるのは、私も、振付のうーちゃん(本人の希望により)も、続投キャストも、「前回を思い出す様な稽古にはしたくない」と考えているからである。

 でも、明日はちょっぴり早く終れる……かも。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »