« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月17日(水)

 今日の稽古は少人数。出番のあるキャストは3人しかいない。石丸さん、濱田さん、そして石川さんである。

 まずは発声。
 毎日、稽古の冒頭ではキャスト全員で発声をするのだが、今日は何しろ3人である。歌唱指導のちあきさんとほぼマン・ツー・マンで、カスタム・メードな感じの贅沢な発声であった。

 続いて2幕4場をおさらい。その後、2幕5場、6場を稽古。

 5場は「“どん底”階上にあるルーシーの部屋」。
 深夜。部屋のドアを激しく叩く者がいる。訪れたのは……。ここにはルーシーのナンバー「新たな生活」がある。

 そして6場。6場は……。

 今回の『ジキルハイド』では様々な個所に手を入れている。
 もちろん大枠に変更はないので、前回をご覧いただいた方も、その時と大きく印象が異なることはないだろう。が、我々にとってはかなり重大な(しかし目立たない)変更を加えている。
 話が抽象的になってしまって申し訳ないのだが、稽古場は“未知の新作”に取り組む時の様な、静かな興奮に満ちている。

 明日はラスト・シーン。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »