« 『貴婦人の訪問』通信 | トップページ | 『貴婦人の訪問』通信 »

『貴婦人の訪問』通信

7月7日(火)

 七夕である。

 それはともかく、2幕1場~4場をおさらい。
 まず2場の「元気で アルフレッド」を整理し、1場と2場を繋いでみる。その後、3場と「世界は私の物」を整理。そしてその後、4場と「モラルの殿堂」を整理。

 2幕2場が終わると、幕開きから(ほぼ)続いていたアルフレッドの出番が僅かながら途絶える(山口さん、漸くですよ。ようやく)。それまで「アルフレッド」中心に進行してきた物語が、2幕3場と4場では「アルフレッドの周辺にいる人々」の物語に変質するのである。
 それはアルフレッドの妻マチルデであり、アルフレッドの親友である校長や市長、牧師たちである。

 さて。

 音響チームが稽古場に常駐する様になり、オーケストラのメンバーも時々顔を出してくれる。少しずつではあるが、初日が近づいて来る気配を感じることの多くなった今日この頃である。

 3週間後には初日が開いているのだなぁ。

|

« 『貴婦人の訪問』通信 | トップページ | 『貴婦人の訪問』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『貴婦人の訪問』通信 | トップページ | 『貴婦人の訪問』通信 »