« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』短信 »

『ラ・カージュ・オ・フォール』通信

1月14日(水)

 まずお詫び。このブログの中で相葉裕樹さんのお名前を相「場」さんと誤記していた個所があった。相葉さん、ごめんなさい。そしてご指摘くださった皆さん、ありがとうございました。

 さて。

 立ち稽古。2幕3場と4場を稽古。
 3場はサントロペのレストラン「シェ・ジャクリーヌ」の店内。ジャン・ミッシェルとアンヌの結婚に向けて、両家の顔合わせ、と言うか、面通し、と言うか……の食事会。
 予約を取ることが極めて難しい「シェ・ジャクリーヌ」(恐らくフレンチの名店。そして恐らく三ツ星)であるが、アルバンの手に掛かれば、たとえ当日であっても最良の席をリザーブすることが可能である。その代償としてアルバンは、レストランのオーナー、ジャクリーヌから「見返り」を求められることになるのだが……。

 そして4場。舞台は再びジョルジュ&アルバンのアパートに戻る。
 物語はこじれにこじれ、ハッピー・エンドは夢のまた夢、気が遠くなるほどの問題山積状態である。果たしてジャン・ミッシェルとアンヌの恋は祝福されるのか? 倦怠期ど真ん中のジョルジュ&アルバンの夫婦仲の行方は? そしてダンドン夫妻がアンヌとジャン・ミッシェルの結婚に対して下した結論は?

 結末はどうぞ日生劇場で。

|

« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』短信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』短信 »