« 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』通信 | トップページ | 演出助手・プロデューサー募集! »

『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』通信

9月2日(火)

 2幕後半をおさらい。昨日整理しきれなかったシークェンスを整理。

 1幕の真ん中辺になって登場する挙動不審のパンク少年がレズリーである。
 レズリーは(台本のト書きによれば)息が切れていて、やや凶暴な様子で登場する。彼はジェーンの一人息子である。「父親はレズリーがまだ赤ちゃんの時に死んだ」と母親(ジェーン)からは聞かされて育ったのだが、しかし真実はそうではなかった。ジェーンが看護婦としてセント・アンドルーズ病院に勤務していた時に、この病院の医師との間に儲けた子供なのであった。
 そのことを知ったレズリーは、突如狂暴化してこの病院に乗り込んで来た。ポンソンビー記念講演があと1時間足らずで始まる、という時に……。レズリーを演じるのは塚田僚一さんである。(つづく)

 明日は稽古OFF。

|

« 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』通信 | トップページ | 演出助手・プロデューサー募集! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『イット・ランズ・イン・ザ・ファミリー』通信 | トップページ | 演出助手・プロデューサー募集! »