« 『クリコレ』東京千穐楽 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』! »

『その場しのぎの男たち』通信 北陸編

3月6日(木)

 能登に来ている。

 昨年の10月18日に東京・下北沢の本多劇場で幕を開けたその場しのぎの男たちは、その後、旅公演に出ていた。旅公演の前半は12月23日に終了し、2か月半のお休みを挟んで、能登から旅の後半が始まるのである。

 3月だと言うのに今日の東京は冬の寒さが戻った様であったが、能登空港に降り立つと、こちらは雪がちらついていた。気温は1°Cである。
 『その場しのぎの男たち』が上演されるのは、石川県七尾市にある「能登演劇堂」。能登演劇堂は大変素敵な劇場である。私は今回が初めてなのだが、新潟にある、これも素敵な劇場「りゅーとぴあ」と作りや雰囲気がちょっと似ている。
 この劇場の特徴のひとつに、舞台後方の壁が巨大な扉になっていて、そこを開け放って屋外を演劇空間として取り込むことができる作りになっていることがある。
 『その場しのぎの男たち』でも、どこかで扉を開け放つべきではないか、と言う話題が今日もまことしやかに交わされたが、開けません。悪しからず。

 さて。今日は簡単な場当たりの後、ゲネプロ。稽古場で2日間の思い出し稽古を済ませているのだが、やはり実寸では勝手が違った様である。愉快な出来事があちこちで勃発した。

 能登での初日は明日(7日)。18時30分の開演である。5月まで続く旅の後半戦、どうぞ幸先の良いスタートが切れます様に。

|

« 『クリコレ』東京千穐楽 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『クリコレ』東京千穐楽 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』! »