« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

『シラノ』通信

12月10日(月)

  1幕2場をおさらい。

  今まで分割して稽古していた1幕2場を、ようやく繋げて稽古。
  「『シラノ』は1シーン、1シーンが長い」と言う話は以前記したが、「1シーンが長い」と言うことは、「その1シーンの中に複数のエピソードが盛り込まれている」と言うことでもある。
  エピソード毎に次々とシーンが変わって行くミュージカルと比べると第一印象では単調に感じるかもしれないが、その複数のエピソードが密接に、且つ重層的に絡み合って行くので、ドラマとしての奥行きは深いし、何より飽きさせない。
  演じ手や作り手には、その「密接で重層的」を引き受けなければならないので、難易度の高い作品、と言うことにもなるのだが。

  全体の稽古を終えた後、ロクサーヌ、そしてクリスチャンの抜き稽古。
  今回はロクサーヌもクリスチャンもダブル・キャストである。そしてロクサーヌもクリスチャンも今回からの新キャストである。初演から続投するシラノに対抗するには稽古、稽古しかないであろう。

  長時間の稽古、お疲れさまでした(特に私)

|

« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »