« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

『シラノ』通信

12月8日(土)

  1幕3場を立ち稽古。

  1幕3場は、この物語で最も有名なバルコニーの場面である。シェイクスピアの『ロミオとジュリエット』のバルコニー場面と双璧の、演劇史に残る名場面だろう。
  「バルコニー上にいる人物とそれを見上げる人物」と言う構図がドラマティック、そして演劇的であるし、「バルコニーに上って行く人物と地面にとどまる人物」という流れがドラマの構造を見事に視覚化している。何よりもこの構造を利用してやり取りされるストーリーが素晴らしい。
  このやり取りの中で歌われるのは、ロクサーヌとクリスチャンの「これが恋」、そしてシラノの「俺の言葉で  くちづけを」であるが、前者がバルコニー上の人物の、後者が下の人物の歌である所が何とも切ない。名場面の名場面たる所以だろう。

  明日は稽古OFF。風邪やお腹に来るウィルスが流行っている様子。どうぞご自愛ください。

|

« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »