« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

『シラノ』通信

12月6日(木)

  1幕3場を立ち稽古。

  3場は少人数でストーリーが進行する。稽古場も今日は少人数である。
  この場面では次々と誰かが誰かに嘘をつく。
  まず、シラノがロクサーヌに「クリスチャンからの手紙」と偽って自分が書いた手紙を届け、ロクサーヌはクリスチャンを戦場に行かせないためにド・ギッシュに嘘をつく。クリスチャンはロクサーヌと結ばれるためにシラノの力を借りてロクサーヌを騙し、ロクサーヌはクリスチャンと結ばれるために修道士を騙す。
  それらの「その場しのぎでついたささやかな嘘」が、やがてドラマを大きく動かして行くことになるのだが、その時の彼ら、彼女たちは、そのことを知る由もない。

  嘘は、つき通せばいつか真実となる。『シラノ』は、嘘をつくことを通して「真実とは何か?」を考えさせてくれる物語でもある。

|

« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »