« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

『シラノ』通信

12月22日(土)

  稽古場見学会。

  マエストロ・塩田明弘さんの軽妙な司会でスタート。恥ずかしながら、私も作品の解説や場面の説明などでお手伝い。そして3つの場面をご覧いただく。
  最初は幕開きのナンバー「幕を上げろ」。続いてシラノとロクサーヌの「ベルジュラックの夏」、最後にシラノ、ロクサーヌ、クリスチャンでバルコニー・シークェンス。それらのダイジェスト映像が早くもUPされている。こちらからどうぞ。
  今日は生憎を通り越して嵐の様な天候であった。その中を遥々お越しくださった皆さん、ありがとうございました。稽古場の雰囲気を少しでも楽しんでいただけたのなら幸いです。

  さて。

  見学会を終えて、2幕を通す。

  今日の2幕は1時間05分06秒であった。全体の上演時間は、1幕=約1時間30分、休憩=25分、2幕=約1時間05分、そしてカーテン・コールで、トータル=3時間05分程度に収まるのではないだろうか。
  通した後は昨日同様に駄目出しと抜き稽古。新キャストの4人が、いつも稽古後に自主練をしている。ダブル・キャストなので、稽古量が皆の1/2だしなあ。

  明日は全編を通す。いよいよ、である。

|

« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『シラノ』通信 | トップページ | 『シラノ』通信 »