« 『クールの誕生』通信 | トップページ | 山田五十鈴さんのこと »

『王様と私』通信 みちのくひとり旅編

7月9日(月)

  多賀城(たがじょう)に来ている。

  宮城県多賀城市は、仙台からJR仙石線(せんせきせん)の快速でひと1駅、20分ほどの距離にある街である。「ハロー・ミュージカル!  プロジェクト」のミュージカル・ツアー第1弾王様と私は東京・五反田のゆうぼうとホールでの公演を終え、ここ多賀城から、いよいよ旅の行程に突入する。

   『王様と私』に登場する子供たちは、ダブル・キャストならぬクワトロ・キャストになっている。つまり全部で4チームの子供たちがいて交代で出演しているのであるが、東京公演ではその内の2チーム、「空」と「海」の子供たちが出演していた。
  多賀城から先の東北・北海道での公演には残りの2チーム、「青葉」と「七夕」の子供たちが出演する。「空」と「海」の子供たちは東京でオーディションされた子供たちで、「青葉」と「七夕」は仙台のオーディションで選ばれた東北在住の子供たちなのである。

  今日は午後イチから半日をかけて、「青葉」「七夕」両チームの舞台稽古であった。
  彼ら、彼女たちは、今まで何カ月にも渡って稽古を続けては来たのだが、衣裳やマイクを付けて、実際の舞台セットの中で、本番同様の照明、音響で演じるのは今日が初めてである。松平さんや紫吹さんとお芝居をするのも今日が最初なのである。
  なので、(予定通りではあるのだが)舞台稽古は結構長時間に及んだ。まだまだ小さい子供たちもいるのだが、みんなとても頑張ってメニューを消化してくれた。

  明日は13時から本番である。嬉しいことに残席も僅かとなっている模様である。
  舞台上で光り輝く「青葉」「七夕」の子供たちが、東北、そして北海道のお客様たちに、喜びと感動を届けてくれることを願って止まない。

|

« 『クールの誕生』通信 | トップページ | 山田五十鈴さんのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『クールの誕生』通信 | トップページ | 山田五十鈴さんのこと »