« 『王様と私』通信 | トップページ | 『王様と私』通信 »

『王様と私』通信

6月5日(火)

  本日も歌稽古デー。

  ロジャース&ハマースタインのコンビ第1作『オクラホマ!』は、1941年3月31日にブロードウェイのセント・ジェームス劇場でオープンした。2243回続演と言う、当時としては記録的な大ヒットとなり、1948年5月29日にロングランの幕を閉じた。演出はルーベン・マムーリアン、振付はアグネス・デ・ミルであった。
  『オクラホマ!』の成功により、ロジャースとハマースタインはピュリッツァー賞を受賞した(トニー賞はまだ始まっていなかった。トニー賞がスタートするのは1947年のことである)。劇評家ブルックス・アトキンソンは「オープニング・ナンバー“Oh,What a Beautiful Morning”はミュージカルの歴史を変えた」とニューヨーク・タイムズに書いた。

  続いて、2人は第2作『回転木馬』に取り掛かる。(つづく)

|

« 『王様と私』通信 | トップページ | 『王様と私』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『王様と私』通信 | トップページ | 『王様と私』通信 »