« 『ジキル&ハイド』通信・ややミニ | トップページ | ロクサーヌがふたり »

初日 『ジキル&ハイド』通信

3月6日(火)

  初日(舞台のダイジェスト映像はこちら)。

  朝から各セクションの直し。12時からゲネプロ。フランク・ワイルドホーンさんが登場し、幕間や終了後に幾つかのアドヴァイスをくださる。
  一昨日、昨日と、バタバタと進行して来たにもかかわらず、ゲネは悪くない仕上がりであった。が、まだいくつかの大きな問題を抱えている。キャスト、スタッフ双方に駄目を出し、残り時間内に解決すべきことを、優先順位を付けて潰して行く。
  16時30分、舞台にて公演成功&安全祈願のお祓い。お祓いの後も、舞台では作業が続き、18時の開場時刻を5分ほど遅らせてしまう。

  開幕。18時30分の定刻を5分押す。暗闇から、ヘンリー・ジキルの熱い声が響いて来る。
  久々に胃が痛くなる様な、固唾を呑みながらの観劇となったが、終わってみれば、様々な課題が解消され堂々たる初日であった。
  カーテン・コール。スタンディング・オペ―ションの最中に、石丸さんに紹介されて私も舞台に上がる。私が登場する時は、いつだって誰かを紹介する為である。今日は勿論、ワイルドホーンさんである。
  終演後、緞帳を下ろした舞台で、関係者一同で初日の乾杯。新『ジキルハイド』が観客に受け入れられたことがはっきりとして、誰もがとても嬉しそうであった。私は、ただただ「ほっ」としていた。

  幾つかの直しをスタッフに依頼し劇場を後にする。そして、ワイルドホーンさん、プロデュース・チームの皆さんと祝杯を挙げる。

  ワイルドホーンさん「今日のゲネプロは(英語では「ドレス・リハーサル」)何回目だったの?」
  山田「1回目です」
  ワイルドホーンさん「1回目!?  それで、その日の内に初日!?」
  山田「そうです」
  ワイルドホーンさん「どうすればそんなことができるの?」
  山田「天に祈るしかありません」

  私の場合、これはあながち冗談ではない。演出家にできるのは、キャスト&スタッフが最善を尽くすのを見守ることだけなのだから。

  ワイルドホーンさん「ブロードウェイではドレス・リハーサルに2週間、その後プレビューに4週間、それでようやく初日だよ」

  日本では、4週間後には千秋楽を迎えている。
  我々も、劇場入りしてからの持ち時間が1日でも多くあって欲しいと望まないではないが、日本の演劇を取り巻く様々な条件がそれを許さない。ならば、その中でベストを尽くすのが、我々に与えられた使命だろう。

  『ジキルハイド』通信はこれでお終いである。ご愛読、ありがとうございました。

  昨年の秋から続いたオープニング・ラッシュ( 『ニューヨークに行きたい‼』 『ダンス オブ ヴァンパイア』 『ラ・カージュ・オ・フォール』 そして『ジキルハイド』 )もひと息ついた。次は『王様と私』通信。が、本格始動は6月。それまでは不定期更新です。

  『ジキルハイド』は3月28日まで上演中。その後、大阪と名古屋へ旅に出る。それでは劇場で!

|

« 『ジキル&ハイド』通信・ややミニ | トップページ | ロクサーヌがふたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信・ややミニ | トップページ | ロクサーヌがふたり »