« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

3月1日(木)

  3月である。昨日とは打って変わって、東京は春らしい、暖かな陽気であった。

   『ジキルハイド』は、日生劇場での仕込みが始まった。稽古は無いのでキャストはOFFである。
  日比谷に用事があったので、ついでに劇場にも顔を出す。夕方の早い時刻だったのだが、まだ吊り物と床面の作業中で、セットは建て込まれていなかった。

  日生劇場では、つい先日『ラ・カージュ・オ・フォール』でお世話になったばかりである。そもそも『ジキルハイド』が、2001年から2007年の間に4回も上演されている。その他にも『サウンド・オブ・ミュージック』『ウェディング・シンガー』『シラノ』『メリー・ウィドー』など、この劇場には沢山の良い思い出がある。

  明日も終日スタッフ・ワーク。夕方には舞台美術がその全貌を現すだろう。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »