« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ジキル&ハイド』通信

2月27日(月)

  オケ合わせ、1日目。

  オーケストラがやって来た。案の定、我々には最早居場所がない。
  それはともかく、5年振りに聞く『ジキルハイド』のオーケストラ・サウンドである。マエストロがタクトを振り下ろし、オーケストラが譜面の最初の音を奏でた瞬間、様々な感情が込み上げて来るのを私は抑えることができなかった。が、照れくさいので何ともない振りをした。
  今日のオケ合わせは、台本順に、音楽の流れているシーン全てを当たって行った。PAのバランスをとることや、歌と演奏のニュアンスや約束事の確認、そして音楽とドラマを融合させることを主眼に、緊張感を保ちながらも和気あいあいと進行した。

  オケ合わせはいつになくハイ・ペースで進んだ。数々の好条件が重なったからであるが、明日までかかると想定されていたメニューを、何と今日1日で終えた。
  これを読んだ業界関係者は、「やれば出来るじゃないか」と早合点しないで頂きたい。上にも記した通り、今回は奇跡的に好条件が幾つも重なっていたために、偶然そうなったのである。やろうと努力してやれることではない。

  と言う訳で、明日はオケ合わせ無し。いきなりオケ付き通し稽古である。
  これは本当にありがたい。通し稽古の後に、色々なことを修正する時間的余地ができた、と言うことなのだから。

  話は変わるが、おけぴ管理人さんの稽古場レポートがUPされている。稽古中の写真満載である(こちらからどうぞ)。

|

« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ジキル&ハイド』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »