« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

『ラ・カージュ・オ・フォール』通信

12月20日(火)

  2幕をおさらい。

  今日は音楽監督・指揮の塩田さんの意気込みが違っていた。朝、家を出る時から既に気持ちが高ぶっていたらしい。恐らく昨夜からそうだっただろう。そう思わせる様な高揚感で、マエストロは稽古場に登場した。
  塩田さんの『ラ・カージュ・オ・フォール』に対する思い入れの強さは、誰よりも良く知っているつもりであった。この日記でも、幾度となくそのことに触れて来た(こちら)。が、今日のマエストロは、私の知るマエストロ以上に熱く熱く燃えていた。

  高揚したマエストロは、ミュージシャンの何人かにも声をかけ、稽古場に誘って来て下さった。キーボードの村松さんは、わざわざ楽器まで持ち込んでくださった。
   稽古も終盤に入り、まもなく通し稽古を迎える、と言う時期である。マエストロの心意気が何よりも嬉しく、そして心強く感じられた。
  が、マエストロが今日ハイ・テンションで登場したのは、「今日は全場面を稽古する日」だと勘違いしていたからなのであった。ミュージシャンの皆さんも、「今日は全場面が見られる」と意気込んで稽古場にやって来たのであった。

  明日は全場面を稽古。

|

« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »