« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

『ラ・カージュ・オ・フォール』通信

12月17日(土)

  1幕をおさらい。

   テンポ、と言うか、会話のリズム、と言うか、そういう部分がとても良くなって来た。
  台詞には、それに相応しいスピードと言う物がある。相応しいスピードで喋られて、初めて、意味が聞こえてきたり、リアルに感じられたり、笑いが起こったりするのである。
  鹿賀さんは「会話のスピードが速いからすごく大変」だと仰っているが、鹿賀さんが達成しようとしているスピード感が『ラ・カージュ・オ・フォール』を何倍も楽しく、より自然に、そして感動的にしていると思う。

  全体稽古の後は抜き稽古。テンポ、と言うか、会話のリズム、と言うかが良くないところを改善する。そして、カジェルたちはダンス・ナンバーの修正。前回を超えるための挑戦が続く。

|

« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ジキル&ハイド』通信 »