« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

『ラ・カージュ・オ・フォール』通信

12月15日(木)

  立ち稽古。2幕の前半、「ムッシュ・ルノーのカフェ」と「アパート」を稽古。

  2幕の「アパート」シーンになってようやく登場するのがアンヌの両親、ダンドン上院議員と、その妻マリーである。ダンドンを演じるのは今井清隆さん、マリーは森公美子さんである。
  森さんは日本初演からこの役を演じて来られた。既に四半世紀を超えている。年齢的には現在の森さんにちょうど良い役だと思うが、この役に相応しい貫禄が、森さんには当時から備わっていたと言うことだろう。
  一方の今井さんは、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『パイレート・クイーン』などで重厚な演技と歌を披露していらしたイメージが強いが、そのイメージが、ダンドン議員を演じる際に大いに生きている。ダンドン議員は重厚に演じれば演じるほど、その俗物ぶりが際立つ役だからである。

  『ラ・カージュ・オ・フォール』はミュージカル・コメディとして書かれている。恐らく最良のミュージカル・コメディのひとつだと思うが、2幕に入るとファルス(笑劇)の部分が更にエスカレートする。
  が、ファルスの度合いがどんなに強まっても、「この先どうなるのか」と言うストーリー上の興味とヒューマニズムが忘れ去られることは無い。それがこの作品を一級の物にしているのだと思う。

  明日は2幕の後半へ。

|

« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 | トップページ | 『ラ・カージュ・オ・フォール』通信 »