« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

『TDV』通信

11月8日(火)

  帝国ホテルへ。『ダンス オブ ヴァンパイア』の製作発表。

  取材陣、そして応募してくださった中から選ばれたオーディエンスの皆さんが大勢集まってくださった。Ustreamでライヴ中継されたので、そちらでご覧くださった方もいらっしゃるだろう。皆さん、ありがとうございました。
  その映像はこちらでご覧頂くことができる。プロモーション映像の上映あり、キャストのコメントあり、質疑応答あり、そしてミュージカル・ナンバーの披露あり、と盛りだくさんな製作発表であった。

  製作発表の後は稽古場へ。2幕の幕開き、それに続く「アルフレートの悪夢」シークェンス、更に「お城の2度目の浴室」を稽古。

  2幕の幕開きは、クロロック伯爵の荘厳な城の大広間が舞台である。城に招かれたサラが、深夜眠れずに部屋を抜け出して足を踏み入れたのは、無数の先祖たちの肖像画が飾られた大広間だった。そこでサラを待っていたのは……。
  一方、アルフレートは悪夢にうなされていた。その夢がダンスとなったのが「悪夢」シークェンスである。
  ここは『ダンス オブ ヴァンパイア』のハイライトと言っても過言ではない大ダンス・ナンバーである。2006年の日本初演をご覧になったミヒャエル・クンツェさんから「ウィーン版よりも良い」と褒められたシーンでもある(ちょっと自慢)。

  そして「2度目の浴室」。アルフレートとヘルベルトの、それはそれは美しいラブ・シーンである。新キャストのひとり、ヘルベルトの馬場徹さんのために新しいステージングが施された。
  どんなことになっているかは……どうぞ劇城で。

|

« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『TDV』通信 | トップページ | 『TDV』通信 »